バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子第12週 2/7

更新日:

最終順位が決定しました!

結果
サントリー3-0豊田合成
堺0-3ジェイテクト
JT3-2東レ
パナソニック3-1FC東京

順位(勝ち点)
1 豊田合成(47)★
2 東レ(40)★
3 ジェイテクト(34)★
4 パナソニック(34)★
5 堺(30)★
6 JT(26)★
7 サントリー(25)
8 FC東京(16)

レギュラーラウンド最終順位決定

ジェイテクトとパナソニックは勝ち点で並んでいますが、セット率でジェイテクトがパナソニックを上回っています。JTは最後ハラハラさせてくれましたが、勝ち点2でサントリーを上回り、ファイナル6出場をもぎ取りました。サントリーも最後はやることはやっていましたし、そこでいい試合を見せてくれましたから、ここは入れ替え戦を頑張ってもらって来季にまた頑張ってほしいと思います。

最後魅せてくれたサントリー

もう、何年もVリーグ見てますけど、サントリーはなんで最初からこのバレーをしなかったのか…というとてもいい内容で締め括っていました。サーブで崩してレセプションを乱し、ブロックでシャットアウトするという理想的な「サーブ&ブロック」の戦術をやっていました。なんで最初から…と思ってしまうのが何とも言えません。しかし意地だったと思います。ジャンプサーブ勢のサーブが走っていて、とにかく相手を崩していましたし、試合を優位に立てたのが良かったですね。セッターの山本湧選手も時々セットがネットから離れがちになるのですが、それでも高さのあるセットでスパイカーが活きていたと思います。サントリーの今季についてはまた記事を書きたいと思っています。
豊田合成は先日と同じく、若手中心の構成で臨んでいましたね。サントリーも崖っぷちの気迫はありましたが、サーブが走っていたのでレセプションで崩される場面が多くなってしまいました。クリスティアンソン監督が頑なにセッターは前田選手を使い続けていたのが印象的でした。イゴール選手や両MBの近選手や傳田選手、リベロの古賀選手を残している時点で、試合は捨ててなかったと思うんですよね。ある程度戦える形を残しながら、若手に経験を積ませるのとレギュラーを休ませるのが方針だったと思います。しかしいつもは上がるボールが上がらず、苦しい展開を強いられたのは痛かったですね。今後若手選手もレギュラー争いに食い込んで狙っていくでしょうから、もっと頑張ってほしいですね。

堺の浮き沈み、ジェイテクトはいつも通り

堺の負け方っていつも不思議なんですよね。ジェイテクトは至って普通にプレーしていたと思いますよ。サーブは勿論走っていましたし、堺が苦労する場面は確かにあったんですが。それでも堺もサーブは走る場面もありましたし、いつものように戻っていたとは思ったんですが。最初だけ内定の高野選手でいっていましたが、すぐ石島選手が戻ってきました。やはり順位が決まるだけに、石島選手を休ませてもいられなくなったんだと思われます。ジェイテクトも良かったですしね。しかし1セット目30点台までデュースを戦い、ジェイテクトにセットを取られてから何だか堺がブレイクできなくなってしまったんですよね。いいサーブでブレイクを取られるのはある程度仕方がないと思うのですが、やられた分はやはりサーブで取り返したいところです。堺は何故か強い時は本当に手が付けられないくらいなのですが、負ける時はあっさり負けてしまうんです。これはもうかなり前なんですよね…。
ジェイテクトは前日と同じく、選手が勝つためにやるべきことをしっかりやっていて、チームとしてまとまりがあり、ベテラン選手が多いチームらしく安定感が見えました。技巧派選手が多いので、うまいなといつも思わず唸ってしまうんですよね。

ハラハラさせるなよ…と思わず言いたくなったよJT

東レもJTも一歩も引かない戦いでした。どちらが勝ってもおかしくはない勝負でしたが、ここはJT勝っておけよと思っていたので、とてもハラハラしました。お互い調子のいいセットとそうでないセットと差がありすぎます…。若干コートの右側が有利にも見えました。
それでもこのファイナルへ行くか行けないかのプレッシャーの中でしっかり勝ち点を取って来るJTはさすがというべきか。それとも2セットも取られるなんて危うくファイナル行けなかったし不甲斐ないと考えるのか。どっちもあったと思いますが、もうちょっとすんなり勝てると思っていたところもあるので、その辺はがっかりです。サントリーがそこまで追い込みましたね。最悪JTが勝たずともファイナルへ行けるという状況でしたが、サントリーが意地を見せましたから。自力で勝ち点を取らなければというプレッシャーの中、力を出しきれず負けるというのも可能性はゼロではないですしね。
JTも東レもサーブが走っている時はとても良く、ディフェンスもうまく回るしブレイクをたくさん取れていて、そうでないセットは何だかうまくいかずにそのままリードをひっくり返せずに終わってしまうといった内容でした。正直これくらいのサーバーが揃っているチーム同士の対戦ですと、点差が着いていてもブレイクし返せるはずですので、その辺の不甲斐なさは両チーム共分析できずにいます。リーグの疲れか、メンタルなのか、コートチェンジの影響なのか。
しかし勝ち点ギリギリでサントリーを追い抜くところがJTはニクいことをしてくれますね。

らしくプレーしていたFC東京

入れ換え戦が決定していたFC東京でしたが、前日と違って「らしく」プレーしていたのを見てホッとしました。
パナソニックは相変わらずでした。しかし実況解説を聞きながら「自分達のやっていることは間違っていない」という風にチームが言っていたようで、大変ドン引きしてしまいました。「間違っている!」と全否定したいのではないですが、「え、それじゃ勝てなくないですかね?」と思ってしまうんですよね。また昨季と同じくファイナルで沈むというのを繰り返したりはしませんかね?今のままだと「そうなるべくしてなる」と思っているんですけども。ちょっと優勝はできないのでは…。この体力の限界へ挑むファイナル6の中、スパイカーが打てないでどうやって勝つつもりなんですか?と。サーブがいいだけではどうにもならないんですよね。サーブで崩すだけでは勝てないと思うんです。崩した後のトランジションが取れるかどうか、スパイクが決まるかどうかが大事なんじゃないかなと。他のチームはチーム力を上げていますから。
FC東京は手塚選手をOPに、当初の形に戻していましたね。BSでWSになっていてセルジオ選手がOP表記になっていたのは謎ですが、外国人はOPだろというBSの勘違いでしょうね。困りますねこういうの。しかし今までメディアに対して日本のVリーグがそういうイメージを付けてしまったのでしょうね。しかしFC東京の選手達は活気に溢れていたと思います。勝つにはやはりFC東京の持ち味であるサーブで殴り続けて引き離すことが必要になってきますが、セットも取れていましたしね。個人的には昨季を見ていたので、今年は来シーズンへ向けてチームの形が見えてきたのではないかと思います。チーム序盤から最後までこの形で行けたらもっといいのではないかと思いました。入れ換え戦を頑張っていただいて、是非来シーズンも頑張ってほしいところです。今年はFC東京の攻めの姿勢で株が上がりました。

中継で誤審ばかり…いっそチャレンジ・システムで全て白黒付ければいい

何だかレギュラーシーズン最終戦だというのに、誤審が目立って仕方がありませんでしたね。日本バレー界の悪い面ばかり出てしまったなと思います。そりゃ監督もインタビューで一言言いたくなるのもわかります。しかもどの試合でもいろいろ出てくるので、もはや審判の誰がという問題ではないですよね。酷いのは中継のスローでわかるのに、誤判定していたりとか…見えてしまっている分、余計審判に疑いの目が行きます。これでは面子が立たないでしょうけど、それなら正しくジャッジしてほしいところです。審判の質はリーグの質に関わりますからね。
最近はコート内も1点に拘ってプレーしています。ベンチもそうでしょう。選手達が審判に詰め寄って判定について話しているシーンがよくありますよね。これは皆1点でも多く1セットでも多く、勝ち点1ポイントでも多くほしいという気持ちの表れだと思います。それだけ拘ってプレーしているということなんです。その気持ちに審判もきちんと向き合って応えてはどうかと思います。主審の一言で押さえ付けるのではなく、覚悟を持ってほしいです。

いっそ海外や世界大会でも導入されいてるチャレンジシステムを日本でも導入してみてはどうか?という声をファンももっと上げていくことがまず1つなんですけど、さすがに声があるから実現できるという世界ではないのは承知しています。ですので、このブログでおすすめしたいのは、「リーグへお金を使うこと」です。
会場へ足を運んだり、グッズを購入したり。全てが大会運営に関わります。チャレンジシステムを導入するにはそれなりに運営費がかかるのは理解できます。ですので、少しでも早く導入してもらうためにも、声をあげることの他にファンの協力も必要だと思います。
何れにせよ、世界と戦うためにもチャレンジ・システムは日本人の監督も慣れる必要があると思いますしね。ワールドカップを見ても、海外の監督がチャレンジの使い方がうまいなと思いましたし。経験も必要でしょうから。

ともあれ、いろいろ考えさせられたリーグでした。ファイナルも過密スケジュールですので、選手の方々が体を壊さずに無事乗り切れるよう祈るばかりです。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.