バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子第11週 1/31

更新日:

大きく揺れた?レギュラーラウンドがもうすぐ終わりです。

結果
FC東京2-3サントリー
JT3-2堺
ジェイテクト0-3東レ
パナソニック3-2豊田合成

順位(勝ち点)
1 豊田合成(44)★
2 東レ(39)★
3 パナソニック(30)★
4 ジェイテクト(28)★
5 堺(27)★
6 JT(24)
7 サントリー(20)
8 FC東京(16)

堺、ファイナル6出場決定

去年は6位の枠を争っていましたが、今年は勝つときは力強く堺らしい展開を見せてくれるので、決まってくれて良かったです。あとは6位のみですね。この試合、JTが勝ち点3を取れていれば決定だったのに、勝ち点2になってしまい、次週にファイナル行き決定が遠退いたのは惜しいことをしましたね。
勝ち点6点以上差を着ければファイナルが確定していたところです。週末サントリーが1敗でもすればJTがファイナル6確定となりそうですね。JTが2敗しても、サントリーが負ければそこで追い付けなくなりますので。厳しい状況です。

サントリーの逆転勝ち

序盤2セットは、見ていて「このままFCがストレートで勝っちゃうかな」とか「サントリーに覇気ないな」とか残念に思っておりました。サントリー側はちょっとお通夜かというくらい元気がなかったですね。
しかし、この試合に関しては、新人セッターの山本湧選手が1つきっかけを作ってくれたと思います。あの場の空気の悪い場面で投入されて、それでもサーブが良かったんですよね。ジャンプサーブでFCのレセプションを乱したのです。セットアップもスパイカーに優しく、アンテナまで伸びていてネットから少し離したセットだったので、スパイカーが活きました。それまでスパイカーの思うようなところにトスが伸びていなくて、スパイカーが苦しんでいました。何度かご紹介しましたように、セットが伸びない・(ネットに)近いというのは、スパイカーにとっていい条件ではありません。しかも2セット取られてしまい崖っぷちでしたから、選手のモチベーションは最悪だったと想像します。しかし、セットを大分伸ばしてネットから離してくれるだけで、こんなにもスパイカーが生き生きしてくるものですね。それを再確認できました。あの嫌な場面でジャンプサーブを攻めた心意気も見逃せません。試合をひっくり返す力があるんだから、選手達の能力を十分に活かせていないことが浮き彫りになったような気がします。
FC東京は惜しい試合を逃しましたね。2セット先取した時点で、「もうそのまま行ったれ」と思いました。途中岡崎選手が足を気にしている場面があり、そこでも続投だったのは大分気になりました。パフォーマンスに影響があったのかもしれませんし。2日連続で勝てる試合を逃したというのは勿体なかったですね。サントリーはセッターが替わるまでほぼ死に体だったわけですし。勿論相手が選手交替や戦術を途中で変えてきて生き返るというのはよくある話です。ですが、その後FCはサーブで攻める姿勢が少し薄れたというか、試合前半ほどいいサーブが入らなかったのは痛かったですね。サーブで殴り続けていれば、勝てたのではないかと思います。守りに入ってしまったのでしょうか。勿体なかったです。

まともにバレーをしているときちんと見応えがある。JTvs堺

こちらもフルセットの試合となりました。JT勝ちきれないかと心配になることもあるでしょうが、そこまでの悪い内容でもないと私は思いました。
JTにすれば、勝ち点3を取ればそこでファイナルが確定するだけに勝ち点を重ねたかったですが、堺の猛攻に遭うというのとファイナル行きも今は余裕があるので越川選手が復帰してどれくらいできるのか試している節があったように思います。バックアタックやレフトからのスパイクも問題ないように感じました。サーブで攻めていれば強いJTを感じることができ、ファイナル進出に向けて調子を元に戻してくる辺りはさすがという印象です。JTはジャンプサーブが多いし、攻めて確実に崩せるサーバーが多いというのを再確認できました。
堺は勝てばまた上位を狙えるだけに、3位が確定していない今、あまり負けを重ねるわけにはいかなかったですね。サーブが走っていればいいバレーを展開できる強みはあるようです。ですが、悪いときにどう立て直していくかが課題のように思います。千々木選手のコンディションがあまり良くなさそうな印象でした。そして交替した時に一気に戦力が落ちてしまうのが問題です。もっと選手層を厚くしていく必要がありますね。攻撃力が落ちてしまうので、石島選手やペピチ選手に負担がかかってしまうのが痛いです。MBもクイックやブロックで頑張っている印象でした。そして石島選手やペピチ選手のビッグサーブが決まった時は物凄くて、これぞ男子バレーというのを見せてくれます。もっと見たいですね。堺はもっと2人以外にビッグサーバーがいればなと思ってしまいます。上位進出目指してあとひと踏ん張りしてほしいものです。

(東レジェイテクト、パナソニック豊田合成の試合はまだ未視聴ですので、しばらくお待ちください)

残り2試合となりました。レギュラーラウンド最後までファイナル進出はわかりません。どうか無事に終わってほしいです。そして面白い試合を見たいですね。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.