バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

ネーションズリーグ2019 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2019】VNL 6/15 日本vsブルガリアのミカタ。

投稿日:

昨夜…というか、もう終わったら夜が明けていましたが、観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

今週は2勝したいと思っていたので、早速1つ勝てたのは嬉しかったです。

途中どうなることかと思いましたが…。

試合結果

日本 3-2 ブルガリア

実況

Twitter動画

公式ハイライト動画

雑感

5セット目の終盤はハラハラしましたが、勝ってくれて良かったです。本当に。

OHについては、なんか試合前に考えていた通りになってしまっていたのですが、現在このメンバーで行くしかないのでどうしようもないですね。

福澤選手には後から入ってというプレーを望まれているのだろうと思いますが、髙野選手は代表経験も少ないのにいきなりリザーブという難しい立場で戦っているのは大変だろうと思います。

どの選手に対しても途中ミスが出てしまってすぐ交替という印象だったので、やはりもうちょっと選手の経験値や性格を見極めてほしいなと感じました。

コートの雰囲気が悪くなる前に交替しておくというのはイラン戦などの反省もベンチとしてはあるんでしょうね。

イタリア戦の記事でも書きましたが、いろんな選手がいる中で、例えば髙野選手に今必要なのは経験値ですよね。

技術的はすぐ戦力として起用できるくらい十分で、それこそいきなりリザーブで困ったら任されるという立場なのは髙野選手の若さやキャリアでは普通考えられません。

しかし、彼のような選手にはミスを恐れてプレーはしてほしくないんですよね。

それなのにミスが観られたら替えてしまっては、髙野選手に「ミスったら替えられてしまう」という印象を植え付け、成長には繋がらないと思うんです。

髙野選手のような選手は今後も見守っていきたい選手です。

福澤選手の立場はまた異なりますよね。

年齢やこれまでのキャリアを考慮したら、やってはいけない失点が出てしまっている…。

確かに福澤選手本人に克服してほしい部分なのですが、そこを克服するまでこの大会で貴重な時間を使って彼に付き合う必要はあるのか?というのは疑問に思うところなのです。

石川選手や柳田選手の立場はまた異なります。

チームを引っ張る立場ですが、思い切ってプレーすることで彼らは観ている人に勇気を与えます。

いろんな選手がいる中で、どう起用するのか…私は石川選手や柳田選手が必要不可欠なチームでは先行きが不安なので、やはりVNLを通していろんなパターンを作っておいてほしいと思います。

○○選手がと責任を押し付けたくもありません。

普通にスタートのOHとして観た時に、2番と5番で考えたら、Twitterにつぶやいたようなことをもっと補強できたらなと考えました。

2番OHは主に石川選手が務めていますが、次に適任なのが髙野選手になってくるので、髙野選手と石川選手を対角にしてしまうと、5番タイプの柳田選手か福澤選手しかいないのはちょっとな…と。

しかし、先日の石川選手のトスから髙野選手が打ったりするプレーを観ていると、やはりこの2人の対角は底知れぬポテンシャルがあり、期待したいなとも思うんですよね。

まあ、メンバーを入れ替えないと改善しない問題ではあるのですが…。

ブロックはまだ改善する部分もあるのですが…特に3枚ブロックにしたら仕留めたいのになかなか仕留められなかったりするので勿体ないですね。

この辺はもっと個人技を上げて行く必要があります。

MB頑張れと思います。

OPは大竹選手スタートでしたが奮わず、すると西田選手が活躍してくれて…いい関係だなと思います。

西田選手は凄かったですね…サービスエースだけで7得点。

 

次のオーストラリア戦ですが、ここは確実に勝利をものにしてほしいです。

フルセットで選手も疲労があるでしょうが、勝っておきたいでしょう。

楽しみにしています。

-ネーションズリーグ2019, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.