バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

ネーションズリーグ2019 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2019】VNL 6/8 日本vsブラジルのミカタ。

投稿日:

今日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

今日は早めに…というか、リアルタイムで動画を作っているFIVBさん達凄いな…と。

試合結果

日本 0-3 ブラジル

実況

Twitter動画

公式ハイライト動画

雑感

世界1位のブラジルと相手にすると、まあ差が出ますよね。

いろんな差がありますけど…サーブの質、ブロック力、トランジションアタックの精度など、攻撃力と言うよりは、いかにいつもの龍神ニッポンを発揮させてくれないかに差が出てきます。

ブラジルは本日若手メンバーを入れてきましたが、普段はガチメンで挑んでくるブラジルにしては珍しいことです。

ブラジルは日本相手にずっとフルメンバーでしたが。

今の日本と戦えば若手にとってプラスになるという意図があったと思いますし。

まあ、どう捉えるか難しい部分もありますが…。

日本は2日目メンバーを替えてくるところ、東京ラウンドだからというのもあってか、昨日と同じメンバーでしたね。

さすがに疲れが見えましたし、途中交替していましたが、欲が出ましたかね…。

とにかく、普段のVリーグから発想を変えていかないと厳しいですね。必要なのは全体のボトムアップでしょうか。

国内で勝てるだけでは通用しないのはわかっていたことですが、これだけVリーグのメンバーが出ると、改めて突き付けられますね。

個人の能力を高めるのも大事ですが、それは意識改革で解決できそうな部分で、横同士…選手間のプレーの連携ももっと突き詰める必要があります。

ブロックなんかは特にそうですね。

ブロックがほとんどなくてもディグできる選手を入れるのは解決策にはなりません。

引っ掛けてからのトランジションアタックも、上げていかなくてはなりません。

この辺はパナが得意としているところなのですが、他のチームはそうではないので、上げて行く必要がありますね。

課題は多いですが…やろうとしている方向性だけは良いのが男子ですから。

選手選考にはまだ課題を感じる部分で、Bチームを作るならもうちょっとレベルを上げないと厳しいですね…。

AとBには差があるんですよね。

髙野選手はAでも十分できそうなのですが、本当の意味できちんとBチームを作るならもうパナのメンバーでは厳しいと思います。

髙野選手は経験値がもっとあれば…くらいの段階ですね。

大分見えてきたと思います。

-ネーションズリーグ2019, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.