バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】2/3 サントリーサンバーズvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こういう試合こそ解説がしっかりするともうちょっと面白いんですけどもね…。

力の差があるチームの対決ですと、実況と解説が良いとただ流れていく試合じゃなくなり、もっと注目したい試合になっていくんですけどもね…。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:力の差はどうしてもある。OPはどうするんだと…

力の差があるというのはそろそろ書き飽きてきているわけですが、それでもどうしても使わなければならない…。

新規参入であるVC長野には特に感じます。

そうだからこそ、この3レグでは彼らの進化を語る段階ではないでしょうか。

解説の大竹氏はあまり彼らの試合は観ていないようで、なかなかそういったことは話題にはなりませんでした。

どこが変わったのか?を話してくれると良いんですけどね…。

私のような者よりは数倍も言葉に説得力があるわけで…。

良いお話はしていたんですけどもね…。

それはともかく、相変わらずOPがなかなか固定できず苦しいですね…。

この日は小林選手→キセレフ選手と。

チームとして取り組んでいる課題は別に、それ以前に戦えてないというのが…。

ブロックが本当に課題だと思います。

例えば、トスがアンテナまで伸びなかった時に、ストレートブロックの跳ぶ位置が非常に重要なのですが、なんかそこでスパイクを決められてしまったり…。

スパイカーの選択肢が少ない状況で、さらに追い詰めるように「打ったらアウトになる」か「シャットアウト」かという絶妙な位置に腕を出していきたいのですが…。

日本のトップリーグのスパイカー達はそんな状況でも決めてきますから、追い詰めるのが重要なんですよね。

そういう時の状況判断がまだ…なので、非常に課題だと感じます。

クイックが高かったり、栗木選手のような技術のあるスパイカー、ビッグサーバーがいるのは楽しいのですが。

トップリーグに触れて、いろんなことを学んでいってほしいですね。

サントリーは手加減なしのメンバーで相手に敬意を感じた

まあ、こういう試合ですとサントリーについてはあまり書くことがなくなってきてしまうわけですが…。

良いプレーなどは大分実況で取り上げています。

今日のところはごめんなさいですね。

 

実況と解説の組み合わせが悪いですね…。

実況さんも実況さんで、「今の選手達はブロックアウトとかできないんですか?」と言い出して、本当にバカにしていますね…今の選手達を。

なんかこういう実況ほど辞めてほしいと思うんですよ。

自分達が試合をつまらなく感じさせているって気付いていないんですかね…。残念です。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.