バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

ハイキュー!! バレーボール 春高バレー2016

春の高校バレー全国大会2016総括

更新日:

全ての試合を見ることはできなかったのですが、予選から決勝までちょっと見たり、見ていた家族から話を聞いたりしていました。そして見逃した試合で面白そうだったのを再放送か何かできちんと見てみたいなと思いました。男子は東福岡高校、女子は下北沢成徳高校、優勝おめでとうございました。

低いクイックが通用しなくなった

これは随所に見られていたので、嬉しくなったものです。打点の低いクイックなんて通してはいけないんですね。ブロックはリードブロックが徐々に来ていて、相手スパイカーが体勢の悪い状態で無理して打ったのをうまくシャットアウトしているチームがあってそこは感銘を受けました。良かった良かった。そして低いクイックを放ってシャットアウトされたチームのセッターが修正して高い打点からスパイカーにボールを送っていたというのも印象的でした。

強いチームに必要なのは「試合中の修正能力」であると考えます。リーグとは違い、トーナメント戦ですと相手がどんなチームなのかわからない場合が多いです。事前に研究することもできませんから、当日その場で通用しない部分は修正しつつ勝ち上がっていかなければなりません。その対応能力が高いチームが勝ち上がっていくと思いますし、柔軟である必要がありますね。それはコート内の選手達だけではなく、ベンチの采配も例外ではありません。

高い打点から長いコースへ、または体勢が不利ならば無理せずリバウンドというのが浸透していた

いいプレーがたくさんありましたね。まず、「高い打点から長いコースへ打つ」ということです。
これは高校生同士ではありますが、出場校によって選手の身長も打点の高さも違います。高校のレベルですと選手達の能力にある程度差がありますし、1校にいい選手ばかりが集約されているというのはほとんど見当たらないです。それでも選手達が高い打点から長いコースへスパイクを力強く打ち込んでいたのが印象的でした。スパイカーの打点の高さを活かせないチームはやはり負けていったと思います。
男子で優勝した東福岡高校の金子選手も、元々打点の高さがあるにも関わらず下へ打ち付けず長いコースへスパイクを打ち込んでいた印象でした。

スパイクを下に打ち付けるというのは、ブロックにかかる可能性が高いです。逆に長いコースへ打つと、ブロックに当たっても指先だったりしてコースが変わってディガーが拾えなかったりブロックアウトが取れたりと、メリットが高いのです。エンドラインを狙うので一歩間違えればスパイクアウトになってしまいますし、その分打つのは難しいんですけれどもね。下に打ち付けるのは打点の高さがあれば簡単なんです。しかしシャットアウトやディグされる可能性は高まります。いいスパイカーは長いコースへ打って、スパイクアウトにならないですね。

逆にもっとここが良くなればというところも…

やはりまだまだ速くて低い攻撃というものが根強く残っているところは不安視しております。しかし不安を他所に低い速いバレーをしているチームがベスト4まで残らなかったのは私にとって朗報でしたけれども。
速い攻撃はやはり自滅しやすいですね。スパイクサーブを打つ高校も多くなってきた中でAパスを狙ってとコントロールを強いられるのは選手達も苦しいのではないかと思います。ハイセットで勝負できるチームを作る方が吉だと思うし、そういった高校が勝ち上がっていたのが面白かったところです。男女共優勝した高校はハイセットがいい高校ですしね。

そしてまだ無理してスパイクをブロックに当ててしまうシーンが多かったです。そこはリバウンドで…というか、プレミアの選手達よりもリバウンドをしっかり取ったりするのに、そこは当てるんだな…というところが残念でもありました。やはり無理は良くないですね。ハイセットでも勝負できるセットが上がっていれば能力の高いスパイカーなら処理できますけども、そうでなければ自分達がいい状態になるまで粘る必要があったと思いました。

願うは「バンチ・リード・ブロックシステムを軸としたトータルディフェンス」の普及

リードブロックが増えていたのですが、そこから抜けた先にディガーが待っていなかったりとフロアのディフェンスとブロックが連携していないチームがあった印象でした。ブロックはスパイカーの強打を封じ込めていたのに、苦し紛れのフェイントに弱かったりしたチームがあったのは残念でした。

そして高校でよく使われている時間差攻撃なんですが、「バンチ・リード・ブロック」を活用すればかなり封じることができますよ。セッターのトスに振られない・トスが上がってからブロックに飛ぶリード・ブロック、ブロックを中央に寄せて真ん中からの時間差攻撃にブロック2枚などで対応するのバンチ・シフト。これがあれば目眩ましのようにスパイカーが動き回る時間差攻撃に対して、有効にブロックを活用することができます。

時間差攻撃はなぜ国際戦やプレミアのチームであまり使われないのかというと、ズバリ通用しないからです。リードブロックが当たり前ですと、時間差攻撃はまずシャットアウトを食らってしまう危険な攻撃となってしまうのです。時間差攻撃が多く見られるのは大学生くらいまでですね。ならば、通用しない環境になるといいんです。解説席では「時間差をもっと使っていけばいいですね~」とか相変わらず的はずれな会話が行われていて、呆れたものですが。

ちなみに無敵っぽいバンチ・リード・ブロック相手にどんな攻撃が通用するのかというと、ハイキュー!!でお馴染みの1stテンポの高いクイックです。テンポはともかく、一番は「高い」というのがポイントです。高いとやや遅れるリード・ブロックの上から打つことができるのです。

では、高いクイックに対してはどうすればいいのかというと、強いサーブでクイックを打たせないことですね。最初からクイックだと読んで高く早くブロックに飛ぶこともできるんですが、それですとあくまで推測が先に立ちますし、推測からブロックに飛んだりすると間違った時にブロックで相手にプレッシャーをかけられなくなってしまいます。

こんな感じで、勝つために必要なことはいろいろ浮かんでくるのです。理解できているかが大切です。ブロックもフロアディフェンスも合わせてトータルディフェンスが普及していくことを願うばかりです。これで時間差バレーが少なくなっていくとレベルが上がると思いますし、プレミアに勝っちゃったりする高校チームが出てきてくれたりするかもしれませんよ。

涙が台無しになるような表現は残念

選手達が悔しくて泣くのはいいんですよ。高校生ですしね。青春です。しかしその姿を撮影している気分はどんなものなんだろうと考えてしまいます。執拗に涙ばかり追いかけすぎな気がしますし、おかげで萎えてしまいますので、選手達の涙が台無しです。もっと違う取り上げ方があるでしょうが…と放送局には毎度思います。
勝った時の喜びの笑顔をもっと写してあげてほしいですよね。

-ハイキュー!!, バレーボール, 春高バレー2016

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.