バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

OQT2016 バレーボール 龍神ニッポン

リオオリンピック世界最終予選(OQT)について。その2

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

前回お伝えした情報の続きです。

大陸予選が一部終わったので、情報を更新致します。

女子の場合

・開催国 ブラジル
・ワールドカップ上位 中国、セルビア
・ヨーロッパ大陸予選 ロシア
・北中米大陸予選 アメリカ
・南米大陸予選 ?
・アフリカ大陸予選 ?

・世界最終予選(日本以外の会場) プエルトリコ
・世界最終予選兼アジア大陸予選出場チーム
オランダ、イタリア、ドミニカ共和国、ペルー、タイ、カザフスタン、韓国、日本

男子の場合

・開催国 ブラジル
・ワールドカップ上位 アメリカ、イタリア
・ヨーロッパ大陸予選 ロシア
・北中米大陸予選 キューバ
・南米大陸予選 アルゼンチン
・アフリカ大陸予選 ?

・世界最終予選(日本以外の会場) チリ、?、
・世界最終予選兼アジア大陸予選(日本開催)出場チーム
ポーランド、フランス、カナダ、ベネズエラ、イラン、オーストラリア、中国、日本

ちょっとまだ情報が全部揃っていないので、出次第更新していきたいと思います。

とりあえず、女子は下手こかなければどこが来ても大丈夫なんではと思っているので気になりません。男子は案の定というか、ポーランドやフランスという今強いチームがOQTに回ってきたんですね。とても気になります。

日本男子はやはり狙うはアジア1位!

ポーランドとフランスはOQTで出場権が取れると思うんですよね。東京開催は4枠ありますしね。例えば、イランが強いとして、ポーランドやフランスの次の3位に入った場合、それはアジア1位になってしまうので日本は他全部を倒して4位にならなければならないですね。

カナダ、ベネズエラ、イラン、オーストラリアはいずれもワールドカップ2015で戦いましたしイラン以外には勝っているという実績もありますが、一応気を付けてもらいたいですね。監督が変わって急に強くなったり、ワールドカップでは若手で挑んだチームもありますからね。どのチームもほとんどが格上になりますし、頑張ってほしいものです。ワールドカップで出た反省点を修正し、レベルアップして挑めばオリンピックに行けないということはないと思うので。

ヨーロッパ大陸予選の試合は面白かったです。まだ3位決定戦のポーランドとドイツの試合しか見れていませんが。これが凄く面白かったのもあります。せめてセミファイナルの試合や決勝のフランスとロシアは見たいと思っていますので、後日ご紹介できればと思っています。

ドイツだってアジアのチームのレベルよりも高いのに、オリンピックに出られないなんて…厳しい戦いです。ドイツにはお疲れさまでしたと言いたいです。とてもいい試合を見させていただきましたし。

ブログも結構放置していたので、プレミアも再開されましたし私も通常運転に早く移って行きたいと思います。遅くなっていますが、よろしくお願い致します。

-OQT2016, バレーボール, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.