バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン バレーボール

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/6 JTサンダーズvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

先週の記事を今書いています…遅くて申し訳ございません。

今週分は3連休なので書けるところまで頑張ろうと思います。

試合結果

JTサンダーズ 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:VC長野はOPに森﨑選手を長い時間起用。JTは勝ったがパフォーマンスはいまいちだった

VC長野は序盤はスタートが前日と同じではあったのですが、途中でOPとして森﨑選手が登場したのは面白かったですね。

前日は2枚替えで3ローテーションのみだったのですが、今度は途中からずっと出ていました。

多少スパイクミスも出ましたが、OPとしては及第点だと思うんですよね。

OPは不利な状態でトスが上がることも多いので、被ブロックやスパイクアウトなどは状況による部分があると思います。

他、OHの栗木選手も頑張っていました。

あと課題はブロックになってきますかね。VC長野は全体的に課題が多いので、特にこれというのはないんですが。

戦いに起用する選手が大体固まってきたのなら、今度はその選手達が連携して戦うということが必要ですね。

JTは4枚攻撃なので、それに対してどうディフェンスするかと。

配置や判断が追い付いていないまだなので、トップカテゴリーでは苦戦しています。

普通にオフェンス、ディフェンスすることが大変ですね。

それでも栗木選手が凄く点数の取り方をわかっているスパイクをしているので、希望はありますね。

勝利まではまだ遠いですが、頑張ってほしいです。

勝利したが精彩を欠いたプレーが多かったJT

JTらしくない…ですよね。やはり。

劉選手がインタビューで自分はあまり調子が良くなかったとおっしゃっていましたが、確かに…と言わざるを得ません。

痛みがあるというのは端から観ていてわからなかったのですが、まだ体が着いて行かないというような調子の悪さだったと思います。

それでも深津旭弘選手がチームを鼓舞していたり、何とかしようとしていたので立て直せたかなと思います。

こういう内容ですと、若手選手ばかりのチームだったらそのまま引きずって負けてしまうこともあります。

JTの場合は、セッターの深津旭弘選手やエドガー選手や安永選手がベテラン域の選手で、山本将平選手など中堅の選手もいますから、そこは途中で引き締まった印象でした。

最後はセッター金子選手、OH武智選手、MB筧本選手といろんな選手が登場し、試合が終わりましたが。

 

調子が悪くてもインタビューが劉選手だったのは、地元・広島で初めてだったので顔見せというのもあったかと思います。

ホームゲームのインターバルはこの試合はなかなか良かったですね。

旗を使って大きく見せていたので、もっと引きの映像がほしかったです(笑)

旗がくるくる回るのが全部揃っていて綺麗でした。

ここで地元色を出してくるのは手ですよね。

前日は子供がただダンスするだけだったので、2m前後の男性が跳んだりしている男子バレーの迫力からすると差がどうしてもあるので、もっと大人数にしたり、陣形を変えたりするなど工夫がほしいと思ってしまいました。

広島グリーンアリーナはライヴもやれるくらい広いですからね。

大きく見せてほしいなと思ったりしました。

あとDAZNも顔のアップだけじゃなくてもっと全体を写してくれるといいなと思います。

-JTサンダーズ, VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.