バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/5 堺ブレイザーズvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらもいろいろあった試合でした。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-0 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:V1リーグでの戦い方が固まってきた大分三好。堺は誰が出てもの状態だが、交替のタイミングだけは心配になる…

ここに来てVC長野よりも地盤が固まってきたのではないかと思うのが大分三好です。

VC長野はVC長野でアイディアが面白いんですけどもね。

大分三好の場合は、ヤカン選手には大砲として打ってもらう役目、エスペホ選手はレセプションを負担してもらいながら高さを出す…良い方向だと思います。

リベロが松尾選手で定着し、かなり良くなりましたね…。

何だかんだ堺には選手の能力で…力でねじ伏せられた感じはあるのですがね。

リードした状態から引っくり返されるのばかりだったので、チームとしては序盤良かっただけに勿体ないという気持ちになってしまったのかもしれません。

堺の小池選手に対してディフェンスがしっかりしていたのですが、途中から堤選手に交替してそこから歯車が狂ってしまったような印象もありました。

堤選手がよくスパイクを決めていましたからね…試合中にディフェンスで何とか対応したかったですね。

試合中に対応するということを意識してもらいたいです。

試合が終わってから対策をしても遅いですし、柔軟性がほしいですね。

現代のバレーは相手に対応されたら対応し返し、さらなる1手を出す…というのを繰り返しながら勝利をもぎ取るのがV1リーグでもたくさん観られます。

ローテーションを回すのもベンチワークのいたちごっこが始まったりしますし、それこそが「対応されたら対応し返し」になるわけです。

堺は小池選手→堤選手の交替しか当たっていない。選手の力でねじ伏せられたから良いものの…

堺はV.LEAGUEの中で1番采配が負けに影響するチーム大賞です。悪い意味です。

2枚替えが観ていて本当に悩ましいんですよね…どうしてそこで?今やろうと思った??と。

良かったのはOH交替だけですね…。

小池選手に対して大分三好のブロックが揃っていたので、この交替は結果的に良かったです。

堺は本当に良い選手ばかり揃っていますので、交替しても他の選手が仕事をしてくれます。

2枚替えが本当に…そこいるのか?というほどのものでした。

2枚替えしてから点差が開いたりもしていますからね…セット終盤に逆転できたから良かったものの。

これもまあ、ひとえに選手の能力が高いおかげですから、余計なことしないでほしいな…と堺にはつくづく思います。

 

解説は今井啓介氏でした。

大学時代に一緒にプレーしていた松本選手がコートに出てきたのは偶然でしょうけど、勝手に1人で盛り上がりました。

MBの対角を組んでいましたね。

今井氏は選手のプレーの細かい部分を観ていて、解説になっているので全然聞けます。

土曜(1/5)だけだったのが惜しいです…。

現在は大学の監督さんなので、恐らくインカレ後~春休みが終わるまでが今井氏の解説が聞けるチャンスですかね。

-Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.