バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/5 豊田合成トレフェルサvs東レアローズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

年明け1試合目。前年に勢いづいたのをそのまま活かすチームもあれば、まだ固まってなさそうなチームもありますね…。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 0-3 東レアローズ

実況

試合のポイント:サーブの効果が感じられなかった豊田合成。東レは天皇杯からの好調を維持

豊田合成に視点を当てるとモヤモヤが凄いんですよ…チームのファンの方もきっとそうだと思います。

負け方が良くないというか…。

理由はわかっているんですけど…簡単に言うと、「サーブが来ないからブレイクできないし、いつものように追い付けないし、サーブが甘いからトータルディフェンスにも影響している」という部分で。

しかし、それは選手のパフォーマンスの出来に依存度が高過ぎではないか、というか。

イゴール選手だけじゃなくて、他の選手のサーブがあまり脅威じゃないんですよね。

サーブが来なかったのでセットを取られましたがそれはサーブが来なかったので…チャンスが来なかったので仕方がない…じゃなくて!

状況を打破しようと試みる動きがこの試合は少ないと感じたので残念でした。

相手の方が良ければ負けてしまうというのは…。

東レは豊田合成をよく研究していて集中力が高かった。パフォーマンスも良かった

この試合はどの選手も良かったですね。

どの選手が活躍しましたか?と聞かれると返答に困ります。

豊田合成をよく研究していて、イゴール選手のスパイクでブロックアウトを取られる際のケアが良く、確実に拾ってスパイクに繋げていたり。

サーブで乱されたとしても、ルジェ選手にトスを上げれば決めてくれるという安心感が凄かったです。ブレイクは絶対に取らせないという気迫でしたね。

ようやく本調子なルジェ選手が観れて、フランス代表時代を観ていた私も嬉しいです。

富松選手もブロックがとても良くて。しつこくて良いブロックは彼らしいですね。

アクシデントがあったのか、富松選手は3セット目途中でコートを退いてしまうのですが…良かっただけにもっと観たかったけど、痛めたなら休んでほしいという複雑な思いでした。

李博選手も完全に復帰と言っていいですね。

骨折だったので、サーブやスパイクのヒットの時に痛みが来たりしないのかと心配ですが、プレーは問題なさそうです。

チームは「挽回」というのをよく口にしていますが、確かにファイナル6に進めばまだ優勝のチャンスはありますから、ボーダーラインから安全圏へと向かいたいでしょうね。

リベロはそのままでいいのかな?というのはまだ疑問はありますが。

 

現在首位争いのパナソニック、サントリーよりも順位が下のチームはまだわかりませんね。

東レは出遅れたという意識で挑んでいてそれを勢いに変えている印象です。

豊田合成はこのまま下には下がりたくないところですね。

JTも良いですし、ジェイテクトも直接対決でサーブ勝負に持ち込まれると不利のような気もします。

どう修正してくるのか期待したいです。

-Vリーグ18/19シーズン, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.