バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/9 JTサンダーズvsサントリーサンバーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

天皇杯ファイナルの予選ラウンドの実況を編集するのが難航しており、先に記事を書いてしまうことにしました。

試合結果

JTサンダーズ 2-3 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:お互いに譲らず、ファイナルセットへ!力と力がぶつかり合っていた試合

どうも前週のJTとは少し見違えるような戦いをしていましたね。東レに敗れた時は内容がとても悪くて心配でしたが。

前日のパナソニック戦といい、このサントリー戦といい…見違えました。

しかし、上位2チームとのハードな試合だったので、些か疲れも見えてきたところではないかと思います。

JTはサーブ戦術が良かったです。

特に山本将平選手が前日と合わせて今シーズン1番かというくらいにサーブが決まっていましたね。

スパイクも良かったんですが、特にサーブですね。

両チーム共にサービスエースをよく取っていたので、男子バレーという感じが強い試合でした。

JTの方がサントリーのサーブが後々ボディーブローにように効いてきて、それに対して我慢できなかったという印象でした。

1レグの開幕戦と試合内容があまり変わらない気がします。

それだけ紙一重ということかもしれません。

本当にごくわずか、ファイナルセットで劉選手が足の違和感を…そのままプレー続行しようとしていましたが、ヴコヴィッチ監督の判断でやむなく交替…そこでチーム全体が力尽きたような。

ここで故障されると困る選手ですしね…お体は大事にしてもらいたいです。

足が吊ったくらいだといいですね…。

MB交替が功を奏したサントリー。塩田選手・小野選手のスパイクサーブで攻めた

MBを鈴木選手・星谷選手から塩田選手・小野選手へと大幅にスイッチしました。

ここでアクセントになったのはサーブじゃないかと思います。

塩田選手と小野選手はどちらもスパイクサーブを打つMBですので、サントリーは全員スパイクサーブという状態だったと思います…恐るべし。

4セット目序盤に藤中選手から米山達也選手に交替したのも良かったですね。

藤中選手はかなりシャットアウトを受けていたので、一旦落ち着かせるという意味でも…その後戻ってきた時にパフォーマンスが良くなっていましたしね。

ムセルスキー選手は確かに大砲と言いたくなるような選手ですがその選手の能力を殺さず、かつチーム全体でいろんな選手の個性も引き出す…うまくいかない時は目先を変える起用もできる…。

昨シーズンとは見違えますね…。

強いチームの戦い方ですね。

 

この試合は実況・解説も良かったです。

サントリーのMBがクイックに助走していて、そこに相手MBが目を奪われてるので、味方を活かす助走ですね。と。

まあ、よくありがちなスパイクを決めた選手しか見ていない解説ではなかったです。

今井氏ですね。

決めた選手だけじゃなくて、セッターの選択や打った選手以外がどういうプレーをしていたかまで観ている…解説にほしいのはまさにこれですよ。

嫌なのはブロックにつかまった時にスパイカーだけを責める解説ですね…。

よくあるのは、ブロックにつかまったのがたまたまクロス打ちしてたら「(このスパイカーは)クロスしか打てない。ストレートも打たないと」とか言い出し…いや、どういうトス来てました?そのトス、あなたならストレートに打てましたか?と尋ねたくなります。

ミスは良くないとか…。

ラリーポイント制で「失点するな」は無理な話です。

それよりも勝つのに重要なのは連続ブレイクです…。

とにかく観る眼がある解説者を…と思います。

-JTサンダーズ, Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.