バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/9 堺ブレイザーズvsFC東京のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今日はアウトプットの日にします。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:いつもと違うメンバーで挑んだFC東京だったが、まだチームが完成されていない。堺は采配に疑問が多かったが勝てた

FC東京は、デロッコ選手は出場でしたがどうも本調子とは思えませんでした。

それなのに、長友選手→小森選手、手塚選手→佐藤選手というスタートでした。

序盤はOPとして出ていたレセプションのいい小森選手がレシーブを負担する形でした。

そうなってくると、困った時に本調子ではないデロッコ選手にトスが片寄りがちになります。

もっといろんな選手を使っていけたらよかったのですが…。

しかし面白かったのは3セット目でした。

長友選手がOP、手塚選手がOHに途中から戻り、OPだった小森選手をデロッコ選手のポジションに起用しました。

そしてセッターを玉宅選手にして挑んだのですが、目先がかなり変わって堺も苦戦しました。

最初はそんなにうまく行くのかなと思っていたのですが…。

セッターの玉宅選手もよく小森選手にセットしていて、スパイクもよく決まっていました。

デロッコ選手は本当に調子が良さそうではなかったので、

と思う程でした。

もっとこれ早く観たかったですね。

そうやってオプションを増やしていくのも大事です。スタートの佐藤選手も悪くはなかったですし。

というか、数年前に玉宅選手が堺にレンタル移籍したりしたのですが、玉宅選手が久しぶりに長くセットしている姿を観て、凄く成長を感じました。

安定感が出て来ていますね。急に出ても行けるように準備はしていたんでしょうし。昨シーズンはそれすら…くらいだったはずでしたが。

凄く感心してしまいました。

采配が謎な堺。勝てたから良かったものの…

3セット目は調子の悪かったデロッコ選手がいなくなり、さらに長友選手や手塚選手が戻ってきたりして、FC東京は上々だったのですが。

そこであまり点差がない状態で2枚替えをしてみた時に、失敗してみたりとか…。

宮原選手のOP起用は、余程点差があるくらいじゃないと…5点差以内だとまだ厳しいと思うんですけど…。

何がしたいのかわかりませんし、宮原選手はただ交替させられたわけで、これでは自信を付けられるとは思えません。

あとビッグサーバーである内藤選手にリリーフサーバーを入れるのも疑問ですね。

内藤選手はリリーフサーバーで起用されるくらいサーブの良い選手…のはずなんですけど。

まあ、替わりに入った山口選手がサービスエースということもありましたが、何をしたかったのかはよくわかりませんでした…。

OHは小池選手が5番、髙野選手が2番に入っていますが、相手チームのサーブの狙いが小池選手になっていて、今は髙野選手に負担がなさそうでそこはうまく行っているようですね。

小池選手もこういった起用ですとバックアタックありますしね。

レシーバーで入ってもバックアタックしてほしいものです。

 

こちらは、

↑の中のメガラリーで観られます。

よく観ると、長友選手がもっと助走に下がる時間があれば…その分ジャンプできたかもしれない…と思いましたが、打つ気満々な長友選手がかっこいいので是非。

あげたセッターの山田選手も良かったですね。

こういうのはチームの約束事といいますか、きちんと「こういう場面でこうする」というのが大体決まっています。

考えたりせず自然とできるチームがやはり強いですね。

FC東京はそのレベルに行くまでまだ階段を上がっているようなチームですが、良い部分も増えていますね。

堺は元々選手のレベルが高いので、監督が采配で足を引っ張らなければ…と思うのですが。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.