バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/9 豊田合成トレフェルサvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

天皇杯ファイナルの予選ラウンドを観に行ってきました。

iPadを持参し、リーグの記事は合間に書こうと思っていたら、そんな時間はなく…(笑)

遅れて申し訳ございませんが、天皇杯の記事も合わせて年内の試合はきちんと年内に書き終えるのが目標です。

vleague.tvの試合はまだ観ていませんしね…。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:力の差を見せ付けた豊田合成。VC長野はディフェンスが機能していたが及ばす

VC長野は毎試合ごとに良い部分を見つけられたりするチームですね。

勝ち星にはなかなか恵まれませんが、V1のレベルはやはりありますので、このシーズンで学び、ひとまずV1定着を目標にしたいところなんだと思います。

いきなり勝つのはやはり難しいですからね…。

大分三好は1レグこそ「あれ?」と思う程でしたが、2レグで元々持っていた戦力を発揮しつつあります。

長野はそういう意味では戦力的に苦しい部分があるのは否めません。

ですが、まずは全体のレベルアップですよね。

それから戦い方を身に付けたいです。

豊田合成相手にはまずイゴール選手に対するディフェンスということだったと思うのですが、それは次第に良くなってきた印象でした。

問題はイゴール選手以外の選手にやられた時で…そこも詰めていかないと、1人の選手に負荷をかけるのは1つの手段なのですが、勝つにはもっと必要です。

そして問題だったのは実はオフェンス面ですね。

豊田合成はディフェンスシステムがあるチームなので、守ってばかりでは苦しい戦いになります。

もうね…バレてるんですよ…。

ワンタッチを狙っているスパイクは基本的にブロックに当たるのを前提としているので、コートの中に入ることがあまりないんですね。

なので、ブロックに当たらなければまずスパイクアウトになってしまうんです。ブロッカーにバレると、手を引っ込められたりします。

それで長野が点を取るのに苦しんでいた印象でした。

高澤選手がスパイクうまいんですけどね…なぜ替えたのか…。

OP交替は比較的うまく行っていたと思いますが、スタートから調子の良い方をチョイスできないことも苦しいですしね…。

この辺はまだベンチの迷いを感じます。

セッター交替がスムーズだった豊田合成。内定の小川選手も登場

豊田合成は難なくでしたが。

前回はOP小林選手のスパイクをなかなかディフェンスしきれなくて、勝ったけども試合内容があまり良くなかったのですが、今回はそんなことはありませんでしたね。

スパイカーの被ブロックが増えてきた時にセッターを前田選手から内山選手に交替したのですが、内山選手が入ってからスパイカーの打点が高く、良くなっていたVC長野のディフェンスを退いてスパイクを決められるようになりました。

セッターの交替、たまにうまくいかない時も見受けられるのですが、この試合は本当に良かったです。

こういった戦い方が今後もできていくといいですね。

あと、明治大学在学中の小川選手もVリーグデビューとなりました。

元々リベロの選手ですが、OH高松選手との交替でバックローテーションをこなすレシーバーという起用でした。

社会人に混じるとやっぱりまだ体が細身ですが、早く変わるといいですね。

レシーバー起用なら、バックアタックしてくれるといいと思うのですが…。

 

解説の前田氏が話す度にバレーの面白い部分をつまらなくしてしまうのでお馴染みですが…。

現代のバレーの話ができるならいてほしいですが、そうでないならお帰りいただきたいですね。

こういう力の差のある試合というのは、つまらないと見られがちなんですよね。

どうせ強い方が勝つんだろうと、それは素人の方でも目に付くはずです。

その中で面白さを見つけて発信するのが解説の仕事の1つだと思うんですよね…。

本当にもう来ないでほしい…。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.