バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/8 ジェイテクトSTINGSvsサントリーサンバーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

少し疲労が伺えた試合でした。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 1-3 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:サントリーは出だしが悪く見えるだけだと思う。ジェイテクトは疲労の蓄積が気になる

どうもスロースターターに見えがちなサントリー。

基本的にサントリーは出だしが悪そうに見えるだけだと思うんですよね。

ジェイテクトの方がサーブは走っていましたし、相手がそれだけぶつかってきているだけで。

サントリーは1セット目はそこまで悪い内容とは思いませんでした。

ただジェイテクトの方が良い状態ではありましたね。

でも最終的に残り3セットを取って勝ったので、対応力は十分にある強いチームだと思います。

試合中に修正できることも強みですよね。

相手に合わせるのではなく、自分達のペースに持っていくということをできていますし。

浅野選手はうまいのですが、彼を序盤からサーブとブロックでかなり苦しめていたと思います。

ストレート勝利に拘る必要はないと思いますね。

2セット目以降はサーブとブロックで相手の嫌なところを突くというバレーでしたし。

まあ、2セット目以降はジェイテク側が大分調子を落としていたので、サントリーは普通にバレーするだけで良かったと思います。

ブラトエフ選手にも異変が…浅野選手も…となってしまいっていた。セッター交替も実らず

セッター交替はかなり良かったと思っています。

やはり荒れてくると一旦コートを離れて冷静になる必要があると思います。

ただ、ブラトエフ選手も浅野選手も調子が上がってこなかったのは確かに相当苦しい状況だったと思います。

西田選手と両MBの福山選手と秦選手が決めてくれていましたけど。

クイックは大分多く使っていましたよね。そこで決まっていたのは救いです。

しかしOHが決まってこないと、そこだけではバレーができませんよね…。

特にブラトエフ選手には両セッターが気を遣っているのかというくらいにトスそのものの数が減っていたので…。

確かに疲労もだいぶ貯まっている時期だと思います。

サーブは良かったですけどもね。

西田選手・ブラトエフ選手に連続サービスエースがあったり。

1セット目を取るまでは良かったですが、2セット目以降は選手のコンディションがかなり影響したと思います。

自分達が万全ではないので、相手どころではなくなってしまったという印象です。

秦選手が初めてフル出場した試合だったと思うのですが、序盤クイックは合わなかったものの、後半は大分クイックにトスが集まっていた時に秦選手がクイックを決めていたので良かったです。

OHが調子が悪いからというのではなく、クイックをこれくらい使えると試合が楽になったりもしますしね。

 

サーブ強者同士の試合だったので、これも楽しかったですね。

ビッグサーブは男子バレーの醍醐味です。

もう少し万全な状態で両チームの試合を観たかったですね…そこは惜しかったです。

ジェイテクトはブラトエフ選手を外して戦うという選択肢がなかなか取れなかったんですよね。

郡選手がベンチ入りしていたので、そこは今後改善していくといいなと思いました。

-Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.