バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/8 豊田合成トレフェルサvsFC東京のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

アウトプットの時間です。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:試合の主導権を握る。ゲームをコントロールするのはやはり豊田合成が上手

この試合、FC東京のスタメンがガラリと変わったわけですが、手塚選手を外していて通年ならケガを心配するところだったと思うのですが、何だか自分の実況を見直したら微塵も心配していなくて後から笑いそうになりました。

今シーズンの手塚選手はコンディションに自信を持ってプレーできているような気がするんですよね。

序盤に佐藤選手が入ったことで少しちぐはぐがあったと思います。

それは佐藤選手のスパイク面というよりはブロックの跳ぶ位置が私でも気になりました。

イゴール選手に対してストレート開けすぎ…。

イゴール選手のスパイクはライト側からが多く、FC東京側から見るとOHの選手が目の前でブロックを跳ぶのが通常です。

この日はイゴール選手とデロッコ選手とはあまりマッチアップさせていなくて、佐藤選手が多かったのですが。

それを1~2セット目の間に修正したような感じでしたかね…。

その後ハマってきたFC東京のディフェンスはしつこくて良かったです。

イゴール選手もたまらず連続でスパイクをアウトにしてしまうほどでしたね。

ディフェンス面は3セット目も良くて、OHが手塚選手になったところでブロックがやはり良かったなと思いました。

そして序盤、セッターの山田選手が手塚選手にかなり打たせていて、それも決まっていたのが良かったです。やはりケガとかじゃなかった(笑)

デロッコ選手は本調子とは思えなかったですが。

長友選手を小森選手に交替したのは面白かったのですが、攻撃枚数としてはあまり相手に脅威と思われていなかったかもしれません…打数も少なかったですし、起用は面白かったですが、残念でした。

FC東京はまだバリエーションを増やしている時期なのかもしれません。

豊田合成は安定した試合運び。イゴール選手が苦しくても他の選手が活躍した

イゴール選手へのディフェンスは本当に苦しかったと思います。

それでも高松選手であったり、白岩選手または黒澤選手であったり、MBの2人であったり、誰かしらスパイクを決めてくれましたね。

セッターの前田選手もそこは割り切って他の選手にセットしていたのかもしれません。そういう風に見えました。

うまくいかない時も試合をうまくコントロールできますね…。

そこはさすがです。

FC東京がいい状況の時も動揺せず、隙をついて逆転…この辺の試合運びがうまいですね。

FC東京はメンバーが若返った分少し脆さもあったので、隙を見逃さない辺りは脅威だったでしょうね。

今シーズンの豊田合成はビッグサーブがあまり連続して来ない分苦戦している印象なのですが…。

天皇杯辺りでチームが上がってきそうですかね。

 

試合後のヒーローインタビューで高松選手が、ファンの皆さんへメッセージをと言われ「ちょっとその前に一言良いですか」と。

DAZNで観戦していた私は思わず「ごめん」って謝ってしまいました(笑)

まあ、本当に空席は目立っていましたね。

もっと酷いのを観たのでそれよりはマシなんじゃないかとは思うのですが、やっぱり選手にはもっと注目されてほしいですし、観客の多いところでプレーを見せてほしいとも思います。

しかし、北九州は私には遠かった…。

いや、観れるなら全試合現地で観たいですよ。会場が複数ある時点でそれは無理ですが。

まあ、基本的に男子のV1リーグは私にとってはどこも遠いです…。

1番行きやすいので東京なんですが、そこすら数万円の遠征費がかかりますので…。

もっといろいろな場所でもやって!と思う反面、ホーム&アウェイの定着も頑張ってほしい気持ちもあり、いろいろ複雑です。

ホーム&アウェイは思ったより面白いなとは思っています。2試合目観ずに帰っちゃうのね!みたいな(笑)いや、いいと思います。そんな反応を楽しんでいたりします。

ホーム&アウェイは行けない試合が増えますが…。

後日、

と高松選手が。

私は「金のないファンですまないね…」と思ってしまうのですがね。

来たくなるような会場ってどんな会場かな?

あ、ネットで観れるからいいやとは決して思ってませんよ。私は。

全試合観たいのに、そもそも全試合を観るのは物理的に無理なので、ありがたくネットを使って観ているだけのこと。

来たくなるような会場は、まずは熱気が必要なのかなと思ったりします。

バレー(もっと狭くチームだったり選手だったりでもアリ)にエネルギーを注いてくれる人達をもっと味方に付ける…それが必要だと思います。

まあ、ここで答えは出ませんが、高松選手の発信を見て、お客さんが集まるにはというのを少し考えてみたりしました。

またこういう話題は取り上げていきたいですね。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.