バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン パナソニックパンサーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/2 FC東京vsパナソニックパンサーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合は問題作ですね…。

試合結果

FC東京 0-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:1セット目は拮抗したが、それ以降は脆さを見せたFC東京。パナソニックにはケガ人も出たが、対応できた

パナソニックの方は、メンバーをいつものメンバーにして前回の対戦でクビアク選手を外していましたが、今回は入れてきました。

その辺はFC東京の他のチームとの対戦を分析して、危機感があったと思われます。

しかし、パナソニックにはケガ人が出てしまいました。それでも違和感なくプレーできていたのが救いだったですね…。

OPの大竹選手が足をくじいてしまったようです。

足を引きずっていましたが、とりあえず歩いていましたし、軽い捻挫ならいいですね…。

いや、時間がかかっても治してから出場してもらいたいです。

今は別に無理する時じゃありませんし、パナには十分な戦力がありますし、リーグは長いので焦らず調整してほしいですね。

ポジション争いという面では大竹選手は焦るんでしょうけど、捻挫は癖になりやすいですから…。

替わりに入った今村選手はトスが上がる場面がまだ少なかったのですが…VC長野にリードを奪われてセッターの深津英臣選手もクビアク選手か福澤選手くらいしか選択肢を決められなかったということだと思うので、今後に期待したいですね。

攻撃参加をもっとしてほしいですね。

走ってもっとトスを呼ばないと、OHに打数が増えて負担になっていきますから…。

その辺はセッターの深津英臣選手にももうちょっと考えてセットしてほしいところなのですが…勝てたから良いとかじゃなくてね。

1セット目は良かったFC東京だが…

それに対して、1セット目のFC東京の戦い方は本当に良かったと思います。

しかし1セット目にOHの手塚選手やデロッコ選手へのセットが不安定で、スパイカーがストレスを感じているのは伝わっていました。

修正かけていたのか、セット後半くらいには大分よくなってきたとは思うのですが…。

それでも2セット目以降ですよね…2セット目の序盤、パナソニックがかなりスタートからプレッシャーをかけてきたんです。

サーブでブレイクして走っていきましたね。

それからどうしたのか、FC東京が戦意喪失してしまったような雰囲気になってしまいました。

これは観ていてやっぱり「どうしたの?」と思いました。

セットスポーツなので、序盤走られてセットを取られたとしても次のセットもありますから…。

というところがわかりませんでしたね。

2セット目には、入れとけサーブをミスった手塚選手に対してロディ監督が激昂する場面もありました。

エースの重圧があるはずですが、その手塚選手に対しても対等に接する姿が逆にいいなと思ったのです。

選手を特別扱いしないっていうんですかね。

そういう存在が今までFC東京にはいなかったと思うので。

あとロディ監督は約束事を徹底して守らせるし、それに外れることをしたら指摘するというのはハッキリしていますよね。

この後の試合が注目です。

 

大竹選手は心配ですが…。

ケガした直後も、誰の力も借りずに歩いていたので、重症ではなさそうに見えます。

それでもしっかり治してから…と本当に思いますね。

リーグは長いですし。若いですし…。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.