バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ バレーボール

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/1 サントリーサンバーズvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

キーボードを動かす手が冷えて動かなくなってきました…。

今後は寒さとの戦いです。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:VC長野は競り合っていた2セット目を取れなかったことが全てとなってしまった。サントリーもギアを上げて対応したのがお見事だった

VC長野は2セット目を取れなかったのが尾を引いてしまったという印象でした。

2セット目は1セット目途中から出場したセッターの長田選手、MBの森崎選手がそのままで、さらにOHで栗木選手の対角を松村選手から高澤選手にしたというのが良かったですね。

かなりハマっていました。

長田選手がクイックを増やしたり、森崎選手がサービスエースでブレイクを取り、高澤選手はうまさでパナソニックのブロックを交わして得点に繋がりました。

ビッグサーブからのブレイクがあると、チーム全体の雰囲気も明るくなりますし、勢いが出てきます。

パナソニックもその展開を止めることができていなかったので、チャンスがたくさんめぐってきました。

この形が結構観たかった…!と私は思います。

OH栗木選手のビッグサーブ頼みだったのを、MB森崎選手が加わることでブレイクチャンスが増えましたね。

他のチーム相手にもこのようなサーブを打ち込んでほしいなと。

試合には負けてしまいましたが、この試合を基盤に今後も戦っていってもらいたいなと思いました。

粘りのあるレシーブも結局攻めのサーブとブロックがなければ成立しませんからね。

サントリーはいつもと違うメンバーで挑戦。2セット目には苦戦したが、ギアを上げて行った

何だかもう強いチームの戦い方そのものでしたね。

まずスタートはいつもとは違い、MB小野選手、OH藤中選手の対角に米山達也選手、そしてリベロに喜入選手。

試したいし、他の選手のコンディションを観るためもあったと思いますし、経験も積ませて…なおかつ勝ちたいということですよね。

1セット目は順当に戦いましたが、2セット目はそうはいかなかった。

2セット目にVC長野のMB森﨑選手のサーブが効きましたね。

それで途中からリベロを鶴田選手に戻さざるを得なくなりました。

この辺は喜入選手もきっと悔しかったでしょうが…最後までコートに立ちたかったでしょうが、サーブがあまりに良かったですので…。

米山達也選手は喜入選手のレセプションのフォローという意味合いもあったのかなと後から思いました。

栗山選手よりは自分でレセプションしますし、崩されることも少ないですからね。

そしてVC長野にリードされてからの後のサントリーは、ギアがどんどん上がっていくのを感じました。

ムセルスキー選手のサービスエースをきっかけに、引き締まっていきましたね。

ムセルスキー選手は個人で確かに凄いのですが、その凄さは周りの実力も引き上げてくれるというか。

そういう効果もきっとあるのではないですかね。

ムセルスキー選手だけが奮闘しても無理で、状況を打開するには全員が力を発揮する必要があると思いますから…その辺でサントリーはチームとしてかなりまとまっていますね。

追い上げて逆転したのは本当にお見事でした。

 

OHがクイック!

ということで、この試合は藤中選手もクイックを打っていましたよ。

OHの5番で、どうしても前衛の真ん中でレセプションしなければならないローテーションがあるんです。

S4のローテーションですね。

レフト側にMB、中央にOHが定位置です。

MBはクイックに、OHがMBの後ろ側を回っていく形でレフトから打つ…というちょっと複雑な動きのあるローテーションになります。

OHが中央でレセプションする時に前に落とされると、そこからMBよりも遅れてレフトに回っていくのは時間がかかってしまいます。

そこで、クビアク選手や藤中選手はAクイックに入り、MBの選手がBクイックやレフトオープンを打ったりするようにする…という選択を持っているわけです。

同じ試合でサントリーはOHの2番(米山達也選手)と5番(藤中選手)を入れ替えるのですが、同じローテーションで米山達也選手はいわゆる真ん中からの時間差攻撃を選択しています。

OHがクイックするのは面白いですよね。

もっと当たり前になってもいいと思います。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.