バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン パナソニックパンサーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/01 パナソニックパンサーズvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

WordPressの新しいエディターに慣れず、昨日は挫折しかけています(笑)

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:VC長野はローテーションミスなども続き、セットを取ることができなかった。パナソニックは挑戦していた試合

パナソニックは序盤かなりいろんな選手を起用していてですね…もっと観たかったなと思ったところもありました。

1セット目途中で替わってしまいましたが。

この状態で最後まで観たかった気もしますが…。

まあ、うまくいくかいかなかったかという評価はチームがするものですので、今後も観られることを祈って。

VC長野はまだチームとしてうまく回っていないが、ビッグサーバーのMB森﨑選手が登場してから良くなった

1セット目の終盤のローテーションミスは痛かったですね。

2枚替えを行ったんですけど、それは恐らく狙いの場所じゃなくて、次にセッターの椿選手がサーブという場面にOPキセレフ選手、OP小林選手に替えて長田選手を投入したんですよね。

通常はOPがサーブの時にOPとセッター、セッターとOPを交替し前を高くするというのが通常の2枚替えです。

ですので、レセプションをする時に、本来ならばキセレフ選手がライト側にいなければなりません。

ですが、レフト側にいたので、おかしいとまずクビアク選手が気付いて審判に質問しに行っていました。

この辺を見逃さないのがクビアク選手…さすがですね。

そこで結果、アウトオブポジションとなったわけです…。

これはVC長野のコート内の他の選手達も指摘しないといけませんよね…。

私はそもそもベンチが把握していなかった説を疑っています。

2枚替えをしようとするタイミングがあれ?と思ったので。

まあ、良かったところもあって、替わった森﨑選手が活躍したのは良かったですね。

しかし何だかハイセットも雑だったりと、ちょっとまだまとまっていない感じがあったのが惜しかったですね…VC長野。

 

クビアク選手がクイックを打ちましたね。久々に。

これのBEST SPIKEで出てきますね。

OHでもクイックは打つ時代なんですよ。

サントリーの藤中選手、FC東京のデロッコ選手も打ちますね。

この次の日の試合でもそういった場面があるので、そこで少し解説したいなと思います。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2019 All Rights Reserved.