バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】12/01 ジェイテクトSTINGSvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらの試合も、ちょっとどうなんだという試合でした。

片方のチームのパフォーマンスが良い状態とは言えませんでしたね。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 2-3 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:大分三好、今季初勝利!サーブとディフェンスの連携がうまかった。リベロ起用も良かった。

ジェイテクトに関してはあまり語れるところがありません…。

ちょっとどうしたの?という試合内容でしたね。

強いて言えば、セッター交替の決断はできなかったのかなと感じるところはあったのですが、それが全て解決策とは言えませんしね。

西田選手を少し休ませたかったでしょうし。

袴谷選手がスタートから出ていて、スパイクアウト自体は確かに多かったのですが、それは他の選手にもあったことなので、替えるならやはりセッターだったと感じます。

替えて一旦外から試合を観る時間も久保山選手にあって良かったのではないかと思いました。

あとは大分三好にワンタッチまたはディグで拾われ、トランジションアタックで切り返されても対応できず…だったのは、現在3位の順位のチームらしくはなかったなと。

ちょっと残念な試合だったですね。

大分三好はリベロ松尾選手が良い働きをした。

オフェンス面ももちろん良かったです。

ヤカン選手だったり、エスペホ選手だったり。

サーブにしろスパイクにしろ、決まり出すと止まらなかったですね。

この辺はジェイテクトがあまり対応できていなかったのが残念だったのですが。

そして、今シーズン初登場のリベロ・松尾選手が良かったですね。

OH5番の勝選手のレセプションをとてもカバーしている姿が印象的でした。

勝選手に負担が減り、他のチームもエスペホ選手のレセプションが良いのは大体わかってきているのであまり打たない…そこで勝選手に狙いを向けつつあったところを、松尾選手がスッと入って取ってくれる。

これは良いですね。

大分三好がスクリーンを非常にうまく利用していて、まあ、この次の試合でスクリーンは注意されるのですが(笑)、それでもうまく利用していましたね。

ジェイテクトのレセプションが乱されていましたし。

大分三好はやはり勝ちパターンができてくるとV1で十分戦えますね。

1レグは準備不足さが目立っていましたが、選手1人1人を観ていると悪くはないと思います。

VC長野に信じられないほどのストレート負けでしたが、次回はきっとこうはいかないでしょう。


この試合はフルセットまでもつれて、さらにデュースに突入しました。

そこでタイムアウトやメンバーチェンジ、チャレンジをしっかり使っていた両監督。

そこまで残しておいたというところが良かったと思います。

あとジェイテクトホームゲームだったのですが、大分三好初勝利に対して小川監督にインタビューがあったのも良かったです。

相手チームにも配慮を感じました。

-Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.