バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS 東レアローズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/25 東レアローズvsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

先週の記事はようやく終わりが観えてきました。

大分三好vsパナソニックはvleague.tvに残っているので、1週間で配信が終わってしまうDAZN分を先に書いてしまいます。

他の試合は長期休暇を利用して観ていきたいと思います。

試合結果

東レアローズ 0-3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:東レベンチの采配の無策さが目立った試合だった。ジェイテクトのビッグサーブが見物

男子バレーさを見せ付けたのがジェイテクトの方でしたね。

本当にサーブが良かったです。

1番はやはり西田選手。

3本連続サービスエース!!!燃えますね。

そして、4番OP西田選手→5番OHブラトエフ選手とビッグサーバーが連続するサーブローテーションを組んでいるので、西田選手のサーブを乗り越えても、ブラトエフ選手が待っているので、相手チームは気が抜けません。

西田選手→ブラトエフ選手→福山選手→久保山選手→浅野選手と続くので、どこのチームも嫌だなと思ってしまうようなサーブローテーションを組めています。

ジェイテクトが好調な理由はサーブでしょうね。

スパイクは時々苦しんでいますが、この試合については良かったです。

浅野選手が特に良かったです。ミスが出た後にしっかり取り返してくれていました。技ありのスパイクばかりですしね。

まあ、相手東レのコンディションは良くなさそうというのもありましたが。

ジェイテクトの勝ちパターンとしては、サーブでかなり崩していくというのがありますね。

崩せる選手が揃っていますし、今後も注目です。

采配に意図が見えなかった東レ

前日に続き助っ人のルジェ選手があまり良くなかったですね。

3セット目は落合選手に交替となってしまいました。

足がやはり…なんですかね…踏ん張りが効かないような印象もありました。

スパイクが結構抑えられているのはケガ明けの選手の調子の浮き沈みは多少仕方ないにしても、交替のタイミングは完全に遅かったですね。

そこは早く見極めてほしかったところです。

ライト側とクイックを特徴としている藤井選手も決め所をアウン選手に頼るしかなくなりました。

そこはアウン選手がかなり頑張ってくれましたが…。

あとジェイテクトのビッグサーブに対する対応ですね。

あれだけのビッグサーブがあると難しいのですが、リベロはせめて渡辺選手だろうと思いますしね。

ただ少し面白かったのが、西田選手の連続エースの場面で、

レセプションの4枚目はOPの選手の場合が多いです。

OHの選手2枚、リベロ1枚、そして追加という時に、まさかのMB前衛で入っていた戸嵜選手が!

元々OHな戸嵜選手でなければこういったことはできないでしょうけど…。

サーブは惜しくもミスになってしまいましたが、戸嵜選手がどう対応するのか気になりました。

まあ、その場一瞬を何とかしようというのを選手の能力だけで解決しようとしていたのは東レベンチに疑問が出るところではありますが…。

戸嵜選手は本職MBではないのですが、この試合はジェイテクトのセッター・久保山選手に結構翻弄されてしまった印象でした。

ブロックにあまり行けていなかったので、解説の伊藤氏が「こうした方がいいよ」というアドバイスをかなりくれているので、戸嵜選手はかなり参考になるのではないでしょうか。

戸嵜選手のポジションチェンジは即席に近いと思いますが、よくやってくれているんですけどね…。

もう少し早く手を打ちたかったですね。

まあ、選手がうまく揃わないのはわかります…ケガの選手もいますしね。

それにしても、何とかしてほしかったですね…。

 

この試合も伊藤氏が解説でした。

良い解説がバレーを面白いと感じさせてくれます。試合はわりと一方的ではありましたけどね。

サーブが見物だったので、この試合は面白かったです。

両チームの次の対戦が次週で、その試合は観終わっているのですが…変化を感じますので、その試合の記事は頑張って伝えられるといいなと思います。

-Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.