バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/25 VC長野トライデンツvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

VC長野のホームゲーム。お客さんが暖かいなと思いながら試合を観ていました。

豊田合成にはアウェー感があったかもしれませんね。

試合結果

VC長野トライデンツ 0-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:VC長野のOP問題が悩ましい…この日は小林選手が躍動。豊田合成は危なげない試合運びだった

VC長野はこの辺ですね…。

前日の後半の活躍を受けて、スタートはキセレフ選手でした。

VC長野のベンチがこうしたのはわかります。

ですが、試合が続くにつれて、安定していたのは替えた小林選手の方…。

恐らく長期的なリーグを考えたらどちらでも良いとは思うのですが、ベンチはその日の試合で当たってる方を見極めることが難しいと思います。

せめてどちらかでも安定していてくれれば…というところでしょうね。

それ以外は、栗木選手の活躍が目立つようになってきました。

ブロックアウトを取るような打ち方や、ビッグサーブが良いですね。成長を感じます。

栗木選手のサーブで連続ブレイクができると、そのセットは競った内容になります。

しかし、セットを取るまでは至っていません。

それは栗木選手のサーブが回ってくる数が限られているので、1度でもサーブミスをしてしまったり相手にサイドアウトされてしまったりしたら、チャンスを逃してしまうことになりますよね。

相手チームもそう何度もブレイクさせてはくれませんし。

そうなってくると、もっとビッグサーバーがほしいですね…。

まあ、勝つ要素として栗木選手のサーブは1つありますよね。

良い戦いができているので、今後は他の選手のサーブにも期待したいです。

前日に引き続き黒澤選手が躍動した豊田合成。だが、ディフェンス面でVC長野のスパイクに対応できず、試合内容は良くはなかった

黒澤選手は良かったですね。

スパイク面が良かったですね。

トスがニアネットになりがちだったのですが、うまく処理してくれたという印象でした。

ニアネットのトスを打つのは得意なのかもしれません。

今後も起用されていきそうな予感がします。

MBも近選手と山近選手が交替していて、山近選手が結構長い時間プレーしていましたが、調子の感触を確かめていた様子でした。

こういったところは良いところですが、ディフェンスは対応できていなかったですね。

VC長野のスパイカー全体に対して、ちょっと打たれ放題になってしまいました。

解説の伊藤氏も指摘していましたが。

は、いいのですが。

ノーマークというか、ノーブロックでした。

ですが、そんな簡単にディグできる選手じゃないですよ…小林選手。

どうしてこういう対応になったのかな?と豊田合成には疑問に思います。

表情が冴えなかったのですが…さすがにノーブロックはアイディアとしてどうかと…。

豊田合成は修正能力が元々高いのですが、今シーズンはまだ発揮できていないような印象もあります。

下位チームには恐らく勝てますが、上位チーム相手にはこういった対応は素早く行わないと、なかなか勝てないですね。

気になるところではあります。

ひとまず天皇杯までにはもうちょっとギアを上げて行ってほしいですね。

要求が高くなります。

 

まだやるか!と。。

先日の記事でも書きましたが、助っ人OPが前衛ライト側にいる時にBクイックはシャットされる可能性が高いので危険です…。

減るまでツッコミを入れ続けたいと思います。

 

DAZNの実況解説はストレスフリーでした。

3セット目など豊田合成がディフェンスで迷走している時に点数を稼げていたのがVC長野でしたが、良くなってきたら実況さんも察知してくれて、話してくれていました。

解説が伊藤氏というのも豊田合成のディフェンスの意図などをしっかり話してくれましたし、良かったですね。

こういった中継を今後もお願いしたいです。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.