バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/24 VC長野トライデンツvsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

まだもうちょっと更新できればと思います。

試合結果

VC長野トライデンツ 0-3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:OPがなかなか固定できないVC長野。ジェイテクトはクイック多用で良かった

VC長野は、基本的な戦い方は確かにまだまだなところがたくさんあるようです。

ですが、OPをもうちょっと固定したい…そこはスタートを誰にするかでベンチが悩むのではないでしょうか。

この日に関しては、キセレフ選手がスパイクをかなり決められていました。

ブロックアウトを取る工夫がよく観られて、2・3セットは彼がチームを引っ張りましたよね。

小林選手はそこまでよくなかった…こうなってくると、次の試合、スタメンをどちらにしようかとなるでしょうね…。

難しいところです。

解説の伊藤氏が励ますような言葉をくれていました。

改善したい点は大分見えているんですが、本当に「あれも」「これも」になってしまうので、もっと的を絞る方が良いかもしれませんね…。

OPについては、端から観ても、早めに固定されてほしいなと思います…。

サーブで崩し、クイックを多用したジェイテクト

クイックが多い試合はトスがどこに上がるか?とわくわくしますし、MBがインタビューに答える機会を作れるのが良いですよね。

どうしてもハイセットを決めるようなプレーは主にサイドの選手となってしまいますので。

この日は廣瀬選手がインタビューとなりましたが、対角の福山選手も打数が多くて良かったです。

福山選手はいつインタビューに出てくるのか…ずっと試合に出ているのに、まだですね。

まあ、それは良いとして、MBのクイックに長野のブロックがあまり触れてませんでしたし、かなり有効でした。

今までサイドの多かった久保山選手がこうなったかと感動を覚えています。

何目線なのかわかりませんが(笑)

OHは柳澤選手が出ていましたが、VC長野は栗木選手がビッグサーバーなので、そこにはすかさず浅野選手を投入していました。

細目でいい対応だったと思います。

ビッグサーバーに連続エースを取られると、相手が勢い付いてしまいますからね。

キャプテンの浅野選手もそこできっちり仕事をするのでさすがでした。

ジェイテクトはスタメンの選手層が結構若い部類なので、そこをしっかり引き締めてくれるキャプテンの存在が大きいと感じています。

 

VC長野のホームゲームは2度目となりますが、今回はインターバルでチアではなくて、サーブコンテストというゲームをやっていましたね。

お客さんの中から選んだ人たちをコートの中に呼んで、サーブを打ってもらい、反対側のコートに置いてある6つのボールのうちのどれかに当たれば商品ゲットという内容でした。

これはこれで面白いですね。

ただ、ポツンと置いたバレーボール1個に対してボールを当てるのは難しいかなと少し思いました(笑)

それでも、お客さんがVC長野のファンで、チームのパーカーを着ていたり…。

しっかりグッズを利用されているっていうのが良いですね。

VC長野のホームは暖かいなと感じました。

勝ちがなかなか着いて来ませんが、地元で試合があったら観に来てくれるという関係は良いですね。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.