バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ バレーボール

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/24 サントリーサンバーズvsFC東京のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

試合は観終わり怒涛のアウトプットの時間です。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:1セット目を先取したが、その後対応できなくなってしまったFC東京。サントリーはスロースタートだった

この試合は、1セット目にFC東京がサントリーからセットを取ったというところが面白かったですね。

といろいろセッターの工夫もあったのですが、2セット目以降はサントリーのサーブのギアが上がりました。

それに対してレセプションが手原選手の工夫できるところまで届かず、なかなか苦しい展開になりました。

あとFC東京はどうしても初顔合わせとなるムセルスキー選手の対応に追われてしまうんですよね。

しかしどこのチームもその辺はうまくいっていません…。

あとこれですね…。先日の記事にも書きましたが。

毎度のことなので、なくなるまでツッコミを入れていきたいと思います。

軽率だと思うので…。

とはいえ、FC東京は修正能力もできつつありますし、ムセルスキー選手に対してはどこのチームも苦戦しているので、それを考えるとなかなか良い試合ができたと感じています。

次回の対戦が楽しみです。

序盤スパイカーが決まらず苦しんだが、取り戻していったサントリー。この辺が強さか

1セット目は本当に何だったんでしょうね。

それくらいスパイクがあまりに決まらなくてですね…。

打てない程のセットアップは行っていなかったと思うんです。

何だったんでしょうね…。

しかし、2セット目以降はさすがでした。

チームがまとまっているのを感じましたし、やっていることが間違いないとチームの中で確認できているんでしょうね。

だから、何故1セット目は…(笑)

MBが新人の小野選手起用で、クイックやブロック以外にサーブがよく走っていた印象だったのですが、彼が入ったことで混乱なんてことはなかったですしね。

もう既に数試合出ていますし、問題ないでしょう。

1セット目は…FC東京の攻撃枚数や翻弄に苦しんでいたのかな…考えられるのはそれくらいですね。

しかし、良い展開で持ってこられると下位チームも侮れません。

上位を維持するには、安定感がもっとほしいですね。

何だかあまり技術的なことは書けませんでしたが…。

 

FC東京が良いバレーをしていて、展開が良ければセットを取れたりするのは今後期待ですね。

コンディションを維持してくれるともっと嬉しいのですが。

サントリーはムセルスキー選手のスパイクが決まってこないと苦しいという展開にはなりたくないですね。

そこはスパイカー全員で何とかしたいですね。

新たな課題ですかね。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.