バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/18 FC東京vsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらも先週分です…申し訳ございません。

試合結果

FC東京 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:クイックにどう対応するかが決め手となった試合。その前にクイックを使わせたくない

FC東京は前日に引き続き、セッターが手原選手でクイック中心のセットが冴えていましたね。

VC長野はこれに早く対応したかったです。

サーブである程度的を絞るということをしていかないと、FC東京も4枚攻撃を持っているチームですし、選択肢が多いとその分ブロックが遅れてしまいますね…。

たまに手塚選手に替わって守備固めで野瀬選手を入れている時がありますが、その時は3枚攻撃になりますが、それでも攻撃枚数をもっと減らす努力が必要だと思います。

リードブロックなのは別に悪いことではないのですが…特にFC東京のクイックは遅めで高い打点から打ってくるので、ブロックで早く跳んだりしてもあまり意味がありませんしね。

それよりは、サーブで攻撃枚数を減らしてブロックで素早く反応していく戦い方を身に付けていきたいです。

あと、OPを誰にするのか…そこも結局まだ解決できていないようで…。

2セット目に出ていたキセレフ選手はかなりスパイクも決めていましたし、打点も高くてFC東京もディフェンスで対応できていいなかったのですが、2セット目はFC東京が取り、それでも決まっていたからキセレフ選手で行くかな?と思いきや、小林選手だったり…。

この辺はもう少し冷静に判断してもらいたいですね。

セットは取れませんでしたが、キセレフ選手は決まっていたので、次のセット起用でも良かったはずですが。

小林選手は結構FC東京のディフェンスにかかってしまっていたので、余計勿体なかったです。

FC東京は引き続き好調をキープ

良いですね。

やはり今シーズンは一味違いますね。FC東京。

監督の指示がいくつかあるのですが、ブロックなどできちんと監督の指示通り動けていて、それが当たっているとかなり手強いですね。

この試合は、VC長野のクイックに対して、サイドブロッカーがどうアシストするかなどについて指示が出ていました。

この辺は完全に当たってくるわけではないのですが、その場できちんと対応できています。

Bクイックに対して、MBだけじゃなくサイドの選手も一緒に跳ぶので、2枚ブロックになっているんですよね。

ただでさえBクイックはトスが平行に飛ぶので低くなりがちで、それでもBクイックを使いたいのかと思ってしまうのですが…。

FC東京は良い対応をしていたと思います。

クイックはかなり封じることができていたのではないでしょうか。

本当にキセレフ選手の打点が高いスパイクに関してはすぐには対応できていなかったのですが、そこくらいで…。

ある意味VC長野は勿体なかったとやはり思うのですが…。

そして、レフティOPの起用に新しい道筋を見出している長友選手。

長友選手はOP起用ですが、レセプションに入るローテーションがあります。

主にバックセンターにいる位置ですね。

そこからレセプションをして、スパイク。

1stテンポで入っていくので、ブロックに行けてないチームがほとんどです。

普通レフト…OHの選手がレセプションをしてすぐアタックというのは大体レフトからになるんですよね。

ですが、長友選手の場合はライトへ走っていくので珍しいです。または、中央からバックアタックする場合もあります。

OH手塚選手とOP長友選手がレセプションの負担を分け合う形でこうしているのだと思いますが。

これは学生カテゴリーの選手にもお手本になるのではないですかね。

是非とも観ていただきたいです。

 

両チーム共にクイックが多いし高くて楽しいのですが、VC長野は減りがちで残念でした。

VC長野は戦い方を1つ1つ学んでいくという段階ですね。

勝ち星にはなかなか恵まれないでしょうが…とりあえず早めにOP問題は解決してほしいですね…。

-FC東京, VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.