バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ 東レアローズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/18 東レアローズvs堺ブレイザーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

先週分も貯まっています…。

試合結果

東レアローズ 3-1 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:実は東レのリベロ交替が肝。コート内に会話が増え、まとまりがあった

この試合の堺は、東レのルジエ選手やアウン選手にはしっかり対策してきたという印象です。

特にライト側のブロックを跳んでいた髙野選手。

まだ1レグは終わっていませんが、データがある程度揃ってきていて、ルジエ選手やアウン選手のライト側からのスパイクをきっちり抑えていた印象でした。東レもそれに苦しみましたしね。

それがハマって、1セット目は取ることができました。

ですが、その後東レのサーブに逆にやられてしまったのが痛かったですね…。

そして、途中交替も機能せず…そこが何気に痛いです。

千々木選手から宮原選手へのスイッチですね…。

特に3セット目は大きく引き離されることもなく堺は着いて行っていたのですが、この交替でコート内に負担が増えたのが見て取れました。

勝っている試合で、伸び伸びとミスっても次!と言えるような状況で起用してほしいですよね…宮原選手は。

あと、中継では髙野選手のレセプションの受け数が増えて乱されてる場面があると心配されたりなどして、かなり注目されていたのですが、この試合の問題はそこじゃないと少し思います。

セッターの関田選手が、スパイクミスが出たりシャットアウトされたりが連続してくるとかなり悩んでいた様子でした。

ちょっと交替して様子を見させるというのをしてあげてほしかったですね…。

スパイカーがコロコロ変わると、当然組み立ても変わってくるでしょうし。

宮原選手とはまだアジャストできていないというか、ベストを引き出せてない部分もあったと思いますし、関田選手もどう打ってもらおうか悩んでいたと思います。

宮原選手とは万全じゃないのに、せっかく合っている髙野選手に対して守備固めとして小池選手を入れるとなると、いよいよ関田選手も安心してセットできる場所が狭まってしまいますよね。

コートの中はもう連携がうまく取れていないどころだらけとなってしまっていたので、こういった起用はもうちょっと余裕がある試合でやってはいかがでしょうか…。

東レはリベロ交替が功を奏した。またOHは星野選手がしっかり仕事をした試合だった

1セット目、取られた段階では「どうしたものか…」と私は思いました。

堺のブロックがかなりスパイカーと合っていたんですよね。

藤井選手のセットも安定しているとは言えませんでしたが、普通に打てるボール…決め球もシャットされたりしていたので、苦しかったかと思います。

それでコート内が沈黙してしまっていたところでしたが、リベロが渡辺選手に替わって、雰囲気が違ったと思います。

サーブものびのび打つようになりましたし。

1セット目に落ちていたボールが上がるようになりましたしね。

明るい要素でしたね。

まだルジエ選手も万全のようには見えませんし、そうなってくるとアウン選手に攻撃に負担がいきがちです。

それでもディフェンスが少しでも何とかなったおかげですね。

あと星野選手も良かったです。

被ブロックも少なかったですし、サーブが効果的だったです。

スパイクはある程度アウン選手に任せるような感じではありましたが、その分点数が入らない部分で活躍していましたね。

こうなってくると、東レの悩み事であるアウン選手の対角OHを誰にするのか?は少し曇りが晴れるのではないかと思います。

ここで安定していきたいですよね…せめてOHだけでも。

 

早く万全な東レが観たいものです。

MB戸嵜選手については、もう固定で良いのではと思うくらいですが、アウトサイド…オポジットはまだ心配ですね。

いつになるやら…。

-Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.