バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/17 サントリーサンバーズvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

サントリーホームゲームの1日目ですね。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-0 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:1枚上手のサントリー。大分三好は食らい付いたセットは取りたかった

力の差がありましたかね…。

大分三好も善戦はしますが、この試合は競り合って取りたかったセットが取れなかったんですよね。

そこら辺はやはり力の差が出たと思います。

2セット目のパフォーマンスが良かっただけに、20点以降に走られて着いていけなかったのが惜しかったです。

それ以外はミスが出始めると連続してしまうので、そのままサントリーに持っていかれてしまいますね。

ミスの中身は、サーブミスとかではなくて、連携のミスです。

ちょっとトスが低くなり、スパイクがアウトになってしまったり。

何でもないようで、連続すると「あれ?」とチームが迷ってしまうのです。

サントリーは特にサービスエースを連発していなかったですし、大分三好はレセプションはかなり成功していた部類だと思います。

それなのに、セットアップからのスパイクでブロックされたりアウトになったりすると、コート内が動揺してしまいます。

ちょっとしたズレなのですが、そこをどこが悪いのか明確にして選手に修正を促してほしいのです…。

その時間帯がなくなると、毎セット競り合うことができますし、そのセットを諦めなくても良くなります。

やはりどうにもならない点差はありますが、そうなる前に食い止めたいのです。

ベンチワークもチームの力です。

若いチームですので、そういったところも締めてくれる選手がいませんから、ズルズルいきがちで苦しいですね。

勝ちたいけどもどうしたらいいのかわからないという感じ…。

少しずつ変えていくしかないですよね。

サントリーはフレッシュな面々。喜入選手がリベロとして初登場。そしてフル出場

若手を起用しながら勝っていくというのも成長に大事なことです。

サントリーはそれがやれるんですよね…貴重な機会です。

喜入選手はリベロとしてほぼ違和感がありませんでした。

もちろん細かいところはいろいろあるのでしょうが、足を引っ張るということもなく…。

新人を起用しながら戦う上で多少ミスが出たりすることはチームとして計算しながら戦う必要がありますが、それもあまり必要ないくらいに出来上がっていましたね。

MBも小野選手、加藤選手が登場しました。

栗山選手に替わって秦選手、ムセルスキー選手に替わって小川選手も起用になっていましたしね。

また、あまり試合に出ていなかった山本湧選手も登場しました。

若い選手をこれだけ抱えていても勝てるというのは自信に繋がりますよね。

うまく育成を兼ねて戦っているのがサントリーの強みですね。

ムセルスキー選手は本当にどこのチームも対策に困っているようです。

慣れてくればブロックまたはディグできるというレベルのスパイクではないですからね…。

トスが低くなったりするとムセルスキー選手も打ち損じたりシャットアウトされる場面は少なからずあるのですが、それ以上に普段が凄すぎてディフェンスが無理…という感じ。

凄い選手が観られて嬉しいのですが、反面、他のチームがどう対応してくるのか楽しみになったりもします。

 

エスペホ選手のレセプションが良いだけに、替えるのはちょっと勿体ない気もします…。

あと勝選手のバックローテーションで守備固めを入れることも…。

ヤカン選手も高いトスは打てますから、もっと活かす方法がある気もしますし…。

この辺がもうちょっと良くなってくれないかなと思うところです。

サントリーは東レ戦は本当にどうしたんだろうな?と思うくらいに良いですね。

負けたのが不思議でなりません。

混戦というよりは、やはり1歩前に出た印象ですね…。

-Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.