バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 東レアローズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/17 東レアローズvsFC東京のミカタ。

投稿日:

昨日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合はなかなか面白かったですね。

試合結果

東レ 1-3 FC東京

実況

試合のポイント:FC東京の修正力がお見事だった。1セット目取られたところから立て直した

東レはルジエ選手がいよいよフル出場するかというところでしたが。

ルジエ選手については、まだ本調子ではないというのか、体力面での心配があります。

東レは1セット目を難なく取ったところは良かったのですが、そこからFC東京が修正してきて、そこに対応できなくなってしまいましたね。

瀬戸口選手がOHでスタートだったのは私はアリだと思いましたね。

前衛でも打てますし、レセプションもいい選手ですから、アウントゥ選手にある程度打ってもらうということができるかと思います。

これまで星野選手、鈴木悠二選手とアウントゥ選手の対角を誰にするのかというのは東レが頭を悩ませていた部分だったと思うので。

ケースバイケースもいいのですが、これまでの試合で被ブロックの多かった選手を起用するのは不安だったと思いますし。

途中でジャンプフローターサーブに対してレセプションで崩されてしまい、米山裕太選手との交替となりましたが、そこまでは本当に問題なかったと思います。

ジャンプフローターサーブはアンダーで処理するのではなく、オーバーで対応したかったところです。

戸嵜選手がMB起用なのはすっかり定着ですね。

面白いのは、ハイセットが中央の戸嵜選手に上がるところです。

この試合ではFC東京が2枚ブロックできっちり対応してきたので厳しかったですが、今後もやめないでいただきたいですね。

試合をコントロールできたのはサーブが走ったFC東京。東レのウィークポイントを攻めるロディ監督の指示にもご注目

1セット目はどうしたのかなと…恐らく準備してきたゲームプラン通りにはいかなかったのでしょうね。

しかし、そこから修正してゲームをコントロールするところまで持ってきた。今シーズンのFC東京は一味違いますね。

サーブも良かったですし、ブロックもワンタッチを取れ、レシーブが上がり、それをスパイクに繋げるのですが、セッターの手原選手の選択肢も良かったです。

1セット目はうまくいっていなかったんですよね。そこでロディ監督の指示です。

解説の竹内氏も活躍しています。

FC東京はこのような良いプレーもあったり。

セットが取れなかった後の場面からロディ監督の指示はとても興味深いです。

セット間。

監督の指示通り、監督の思い描くバレーができたという部分が良かったと思います。

レセプションがネットから離れたらクイックは使ってこないから、サイドへブロックを厚めにという指示を忠実に守っていました。

サーブも井手選手を狙ってサービスエースを取ったりと、効いていました。

東レももっと交替を早くして対応したかった部分はあったかと思うのですが。

東レが後手に回ってからも、サーブにスパイクに攻めていく姿勢が観られたのも良かったですね。

これは今後に繋がる勝利だったと思います。

監督が言っているバレーを展開できれば勝利できる…信頼や自信に繋がりますよね。

またこういったバレーが観たいです。

 

この試合もまた竹内氏解説でして、竹内氏がいい仕事をしていたなという試合でした。

これはこれでいいんですけど、竹内氏はFC東京は固定にしますか?(笑)

まあ、いろんな解説者がいていいんのですが、竹内氏や伊藤信博氏による監督の指示内容の解説は面白いので、他の解説者にもお願いしたいです…。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.