バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン パナソニックパンサーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/11 FC東京vsパナソニックパンサーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

前週の記事は書き終わってなくて、申し訳ございません。

今週は既に3試合分観終わっていますが、徐々に更新していきますのでしばらくお待ちください。

試合結果

FC東京 0-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:力の差があったが、FC東京はもっと食らい付いていきたかった。サーブ戦術に対応したい

パナソニックは、クビアク選手→久原選手、白澤選手→兒玉選手でスタートしました。

正直、格下なので、戦力の確認をするためにこういったスタートだったと思います。

それも戦い方ですし、長丁場のリーグですので、コンディションを維持しながら戦うのは普通のことです。

久原選手、兒玉選手共に安定した活躍ができていたと思います。

久原選手に関しては、シャットアウトされてしまう場面もありましたが、いずれもトスがニアネットだったりと状況があまり良くなかったとわかる範囲でしたので、彼自身のコンディションは問題ないと思います。

シャットアウトされないよう、ある程度工夫はしてほしいですね。

兒玉選手はクイックも高かったですし、もっと試合に出られるといいですよね。

ブロックはさすがに白澤選手ほどまだしつこくはないですが、もっとしつこくブロックに跳んでいくといいと思いますし。

常にシャットアウトを狙いに行っている選手はブロックがしつこいですからね。

白澤選手だったり、東レ・富松選手だったり。勘の良さもあります。

豊田合成の近選手・傳田選手は、システム的な意味でしつこさがあるのでまた少し違います。位置に狙いを定めてそこを目掛けて確実に手を出してくるタイプですね。

先輩はたくさんいるので、自分の理想となるMBを目指してほしいです。

久原選手はもっと試合に出ていいと思うので…もっと起用されてほしいですが。

サーブの効果が少なかったFC東京。新しく出てきた選手にもっと早く対応できるようになりたい

パナソニックと勝負するには、まずは攻撃枚数を減らしたいですね。

4枚攻撃をいかにさせないかです。

そうなってくると、強いサーブも必要になってきます。

サーブで崩して的を絞り、シャットアウトもしくはブロックタッチを取ってディフェンスし、トランジションでスパイク。

この「トランジションでスパイク」については、手塚選手・長友選手・デロッコ選手といいスパイカーがいますので、打ち屋には困りません。

ただ、問題なのはそこまでに良いトスを持っていけるかどうか…です。

とにかくパナソニックと戦うにはまずやるべきことが多いですが、そこを何とかやっていきたい…。

それなのに、恐らく対策してきた選手とは当てが外れて、パナソニックはいつもとは違った選手で試合に挑んだ…その選手達にも試合をしながら対応しなくてはならない…大変だったとは思います。

強くなるには、やはりここを乗り越えていきたいですよね。

せめて大竹選手にはもう少し対応したかったですし、トスが乱れて打ち切れない部分はもっとシャットアウトしてプレッシャーをかけていきたかったです。

まだリーグは長いですので、試合中に修正すること・対応することをもっと覚えながら…そしてサーブで攻めたいですね。

そういったことは身に付けつつあると感じているので、今後に期待してます。

ロディ監督もおっしゃっていましたが。

3セット目はスパイクに安定感のあるデロッコ選手・栗山選手以外のメンバーを全て替えて挑み、チームの成長を促しています。

もっと勝てる試合はあると思うので、この試合は厳しかったですが、今後に繋がるといいですね。

 

今シーズン、なぜかFC東京の試合の解説を竹内実氏が行うことが多いのですが、ロディ監督の指示の意図について竹内氏が要約して解説するという流れ、非常にいいですね。

竹内氏は元Vリーグのチームの監督ですので、タイムアウト中の心理を掴みやすいのかもしれません。

たまにサーブミスを数えたりもしますが、よほどサーブミスが多い試合以外はそこまでではないですし、話は聞きやすいです。

ロディ監督以外の監督についても、意図がよく見える指示については竹内氏がかなり解説してくれるので、こういう解説ですと助かりますね。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.