バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/11 堺ブレイザーズvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらは前週の記事です…遅くなってしまい、申し訳ございません。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-1 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:サーブ&ブロックの攻防だった試合。堺の方が上回ったが、波はある

両者共にサーブ&ブロックが機能しているセットを取れたという試合でしたね。

大分三好は3セット目を取れましたが、サーブの効果があったと思えたのがこのセットのみで、とにかく強く打ちに行ってアウトになっているケースが多かったのが気になりました。

エースばかりを狙うのではなくて、ピンポイントで相手の攻撃を邪魔するサーブだったり、そういうのも必要だったかと思います。

相手のサーブが走っている時はやられるばかりではなく、やはり自分達もサーブで攻めなくては。

大分三好は戦力的に常時エースを狙えるのが主にヤカン選手、リリーフサーバーで入ってくる濱本選手や石岡選手…くらいだと思うので、他の選手達がサーブで工夫したいものです。

あまりサーブが効いていないのはレセプションの受け数が多い堺の髙野選手のスパイク決定率の高さ…攻撃参加できているという部分に表れていて、髙野選手がそれだけ楽にスパイクも打てているとなると、プレッシャーが足りないということになりますね。

解説の竹内氏もおっしゃっていましたが。

3セット目に千々木選手を狙って髙野選手にサーブを取らせて攻撃参加を封じているのは良かったのですが、長続きしなかったのも痛いです。

この辺の精度がもっと上がってくると良かったのですが。

サーブ&ブロックが機能した堺。ストレート勝利もできたはず

堺はさすがに監督も慣れてきたのか、交替回数を間違えるなどはなくなったので良かったです。

ハードルが低いのですが、そこすら…という開幕戦だったので。

あと全体的に足が動いていないというか、何でもない2本目のトスを持っていくところで誰も取らなくてボールを落としたりと、そういうところは今後減っていってほしいなと思います。

ニコ選手はこの試合はスタートから出場で、高いパフォーマンスを発揮していましたので、前日外れていたのはケガなどではなさそうです。

体力面を心配してのことでしたかね。

とりあえず堺はスパイカーが打てれば火力は高いですので、レセプションは乱されても決定力が高いと思うので、そこを武器に頑張ってほしいです。

 

実況解説が髙野選手の前日のレセプションの受け数の話になっていたので、調べてみました。

すると、上には上がいて、エスペホ選手が他のリベロやOHを押しのけて多いです。

試合観ながらかなり受けていると思ってはいたのですが…しかも直接エースになる本数もかなり少ないですしほとんど乱されることがなくて、大分三好のレセプションの要です。

それでいてスパイクも打って決めている…2番OHの見本となる選手ですね。しかもまだ21歳…末恐ろしいです。

レセプションの名手と言えば、クビアク選手(パナソニック)、山本将平選手(JT)、藤中選手(サントリー)、米山裕太選手(東レ)などいますが、エスペホ選手も加えたいです。

アジア枠の選手達もこうして徐々に力を発揮してきていると感じています。

-Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.