バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ18/19シーズン バレーボール 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/11 豊田合成トレフェルサvsJTサンダーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

レベルの高いチーム同士の対戦で、非常に面白かったです。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3ー2 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:試合中に立て直した豊田合成がお見事。JTはストレートで勝ちたかった

JT的にはストレートでケリをつけたかったでしょうね…。

それなのに試合が長引いた分、豊田合成が息を吹き返してしまった。

これは開幕のサントリー戦と同じような負け方だったかと思います。

良い時の状態でそのまま最後まで戦い抜くことができないという。

これは今後詰めていく必要があるでしょうね。

とはいえ、サーブは相変わらず戦術的で豊田合成を苦しめていましたし、スパイカーも揃っていて常に4枚攻撃でした。

この両者の対戦はお互いにやりたいことがとても見えていて面白いです。

JTは要のエドガー選手・劉選手の2枚看板が、4セット目以降疲れが見え始めてしまいましたね。

エドガー選手は特に、あちこちフェイントなどで狙われ続けてあちこちボールを拾いにコートを走り回っていたので、消耗しているのが見ていてわかりました。

劉選手は豊田合成のしつこいディフェンスにスパイクがなかなか1回では決まらないので、そういう面で消耗していったと思います。しつこいディフェンスからプレッシャーやストレスを感じて打っているという印象でした。

フェイントなど甘く入ると豊田合成は拾ってきますので、それにもっと対応したいですね。そしたらもっともっと怖い選手になりますね(笑)

まあ、こういったところはだんだんと慣れていくところだと思いますが。

クイックとbickは使っているのですが、それでもまだこの2人に負荷がかかった試合だったと思いました。

負担を軽くするために他の選手がもっと頑張りたいですね。

3セット目のデュースが取り切れず、集中力を欠いたような内容だったので、そこは今後詰めていくということで。

最後まで諦めなかった豊田合成。ファイティングスピリッツは両チーム共に素晴らしかったが、豊田合成が対応力で勝った

豊田合成は1、2セットの戦術があまり効果がなく、それでも3セット目以降に修正して盛り返したところがさすがですね。

特に動揺も見られませんし。

百戦錬磨でベテラン揃い、チームの安定感がすごいですね。

サーブの狙いを修正して、OPのエドガー選手には引き続きスパイクなどで狙い、OHのbickを潰すようなサーブを打っていきました。

1つ修正したいところは、クイックのセットですか。

近選手、傳田選手共に、クイックを打った後に倒れこんでしまうんですよね…これって良い状態ではないですね。ケガの元にもなります。

これまでの豊田合成のクイックは高く、転んだりとかほとんどなかったのですが、見ていて非常に危なっかしい…。

トスが低くてネットに近いんですよね…。これが本当に見ていて怖いです。

だんだんとトス自体が速くなってしまいがちなところも心配です。

高さを出せばスパイカーは決められるので…。イゴール選手がこれだけ決められたのもやはり高いトスのおかげです。

特にこの試合のイゴール選手のパフォーマンスは素晴らしかったですね。

先週のパナソニック戦でこのようなイゴール選手だったらどうなっていたか…そんなことを考えてしまうくらいです。

これからさらにチームがまとまっていくと思うので、豊田合成がどんなチームになっていくのか…JTもそうですが、豊田合成vsJTがまた面白くなっていきそうです。

次回の対戦を楽しみにしています。

 

判定でもめたりと少し荒れた試合になりましたが、両者とも1歩も譲らず、この試合にかける思いが伝わりました。

JTはプレー途中で反則のアピールをして、プレーごと止めてしまうので、プレーを止めるのはやめましょうね…。

明らかに反則になるのもあったりするので、言いたくなるのはわかりますが…それもアピールしまくりはいけませんよね。

この試合のヒーローインタビューはイゴール選手だったのですが。

豊田合成のファンの皆さん、JTファンの皆さん、テレビの前の皆さんにも感謝したいということもおっしゃっていました。

この一言は本当に素敵な方で、紳士だなと思いました。

こんな面白い試合が観られたのも良かったですが、このインタビューが聞けて良かったと思いました。

-JTサンダーズ, Vリーグ18/19シーズン, バレーボール, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.