バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/10 FC東京vs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

昨日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合はFC東京のホームゲームでしたので、イベントにも少し注目します。

試合結果

FC東京 3-1 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:試合の中で修正できたFC東京のバレーがお見事だった。大分三好はそれに着いていきたい

1セット目はFC東京が取り、2セット目は大分三好が取り、3・4セットは修正したFC東京が取ったという試合でした。

2セット目の取られ方はFC東京が良くなかったですしね。

セットが乱れていたのはこの試合始まってからずっとだったのですが、セッターの手原選手が調子を落としていたと。

試合後のインタビューでロディ監督も認めています。

ですが、ロディ監督は手原選手の替わりに3セット目から山田要平選手を投入。

そこから安定して点数を重ねることができました。

ということなので、この日うまくいかなかったとしても、まだ試合は続きますので、調子を取り戻すことを優先してほしいですね。

私から観ても、手原選手はらしくないなと思いましたし。元々サイドセットの安定感に課題はあるなと思っていましたが、いつもよりも全然安定してこなかったので。

まだ若い選手ですし、修正力を身に付けたいですね。

そして、修正してきたのはサーブですね。

FC東京のホームゲームですので、この試合は2セット終了後に長いインターバルがあります。

きっとその間に修正ポイントをまとめて試合に挑んだのでしょう。

FC東京はレセプションを受ける選手に対して、その横を狙っていたのが印象的でした。

手塚選手、長友選手にはサービスエースがあったりしましたしね。

このインターバルをかなり有効的に使ったのではないかと思いました。

今シーズン初勝利ですので、この修正力をものにして、また勝ってほしいですね。

2セット目が取れたのはヤカン選手に良いトスを届けたから。助走が活きていた

ヤカン選手は良かったですね。この週非常に良いです。

助走をしっかり取るようになってから、ハイセットを打って決めてくれたりと頼もしいですね。

やっぱり最初の週はトスが低かっただけなんだ…と思いますね。やっぱり。

調整不足を補ったのもあるかとは思いますが。

コーチの言うことと、監督の言うことが少し違ったような印象だったので、これは少し心配ですが…。

ただコースに打って、ブロックとレシーブで対応するというのは戦術の1つですので、うまくできたら良かったんですけど。

ブロックとレシーブも、FC東京がセッター交替で盛り返してからはディフェンスで対応できなかったですね。

FC東京は攻撃力が高いですし…。

特に手塚選手がこの日良かったですからね…他の選手も活きてきますしね。

大分三好は栗山選手・井上選手の高いクイックに対してブロックをよく着いていて、ワンタッチが取れていたので、そこはかなり有効でしたから、今後も継続していってほしいです。

この辺ですよね…。

連携ミスによる連続サービスエースがエスペホ選手のメンタルに影響を与えてしまったんです。

替えたかったんですけど、そこは起用し続けました。

交替が完全に正解かどうかはわからないんですが、それでももっと早くタイムアウトを取ったりエスペホ選手が持ち直す工夫がもう少しほしかったですね。

重要な役割を担っている選手だと思うので。

まだ負けてない場面でもモチベーションをキープしたいです。

 

FC東京はこの試合では墨田キッズチアがハーフタイムショーに登場しました。

こういった地元色の強いイベントなんですね。

来れる日は東京ドロンパがショーをやったりしますしね。以前観たことがありました。

また、スタメンが呼ばれてコートに入る前にファンの方1人1人とタッチをしながらコートへ入っていくということもしていました。こちらは以前からですかね。

しかし、ホームならではですね。

FC東京はこれまでと大きくは変わっていないのかなと思います。

今後もいろいろあるといいですね。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.