バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/10 豊田合成トレフェルサvsサントリーサンバーズのミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 1-3 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:最後までディフェンスの対応に追われてしまった豊田合成。攻撃陣を活かしたサントリーが勝利

ちょっと負けるのが意外ではあったのですが…豊田合成。

しかしムセルスキー選手は今シーズンサントリーに来たばかりの選手。

データは少ないにせよ、試合中に対応しなければなりませんよね。

リベロの古賀選手が珍しく苦戦していた印象でした。

ストレートにはなるべく打たれたくないので、チームの約束事として、ストレート側はブロックを厚めにして締めるようになっていたと思います。

ですが、ムセルスキー選手が打点で上回ってきたり、毎回打つコースをずらしていって拾わせなかったりとかなり工夫していました。

こうなってくると豊田合成は厳しいですね。

それでも徐々にですが、拾えるようになってきて、それでもさらにムセルスキー選手が工夫してきます。

リベロの古賀選手もディフェンスの連携で苛立つ場面もあったりして、なかなかうまくいかなくて歯痒そうでした。

慣れるまでかなりかかりそうですが、豊田合成的にはこの試合で大分データは取れたと思うので、次の試合でどう対応してくるのか見物です。

この試合の負けについてはあまり引きずる必要はないのかなというのが私の個人的な見解です。

あとサントリーからブロックでシャットアウトを食らってしまう場面が多かったので、これは修正していきたいですね。

前週の試合で、セッターの前田選手の様子が結構気になっていたのですが、この試合はまだ前週よりは良かったと思います。

パナソニック戦は結構酷いと思っていたので。

焦るとトスが速くなったりしがちなのかなと思っていたり。

それよりはイゴール選手などの強力なスパイカーが決められるようなセットをしていきたいです。

ベンチワークは途中に3セット目から高松選手から山田脩造選手へ交替してみたり、4セット目途中で2枚替えをしてみたり、かなり手を打っている印象でした。

修正を試みているのですが、山田脩造選手の投入くらいしか成功したとは思えず、これも歯がゆかったでしょうね。

とにかく、サントリーにいい状態で打たせたいようなサーブで崩していきたかったですが。

この辺は本当に次回の対戦への宿題となりそうです。豊田合成は。

スパイカーの良さが出たサントリー

セッターの大宅選手が今シーズンで1番安定していたように思います。

まずムセルスキー選手や栗山選手にはセットを高く、打点を活かすトスですね。

藤中選手へも低すぎず、打てるトスを上げていました。

全部が全部というわけにはまだいかないところもあって、ラリー中など危なっかしい場面もあったのですが、スパイカーが凄く決めてくれたので、大宅選手も助かったと思います。

大宅選手は元々フワッとしたアンテナまで伸びるトスが特徴なので、そこを持ち味としてこれからも頑張ってほしいですね。

サイドが良くて、なおかつ、MBもクイックを積極的に打ってきます。

これでいいですよね。

大宅選手もどのスパイカーにセットしようか迷ってしまうくらいだったのではないかと思います。

とりあえず前週にトスが低くなってスパイカーがシャットされるようなことが多かったので、それは修正してきたと思います。

これをずっと継続していってもらいたいです。

 

豊田合成に関しては、1レグでうまくいかないような負け方をしても心配いらないというか、2レグ以降で挽回できるイメージです。

特にメンバーも入れ替わっていませんしね。

ディフェンスの対応も修正できるチームだと思うので、次回はここまでやられっぱなしということはないかと。

サーブのウィークポイントも狙ってくるでしょうし、サントリーは気を付けなければならないですね。

サントリーはサーブで主導権を握ることができたのが大きいと思うので、今後どんなチームにもそうやって戦っていってほしいですね。

3セット目は取られはしましたけど、次のセットもリードを守れたら勝てそうだなと思えましたので。

これという勝ちパターンが見つかるといいですね。

-Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.