バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/10 ジェイテクトSTINGSvsJTサンダーズのミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

面白い試合となりました。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:現段階ではJTのチーム完成度の方が高い。ジェイテクトはウィークポイントの修正がカギを握る

チームの完成度はどうしたってJTの方が高いです。

JTが9月くらいに韓国遠征へ行っていた頃と、正直見違えるくらいチームが良いです。

その頃はエドガー選手もまだベンチアウトしていたり、リュー選手も世界バレーで合流前というのもありましたが。

攻撃は常に4枚ありますし、サーブもジェイテクトのブラトエフ選手を苦手なジャンプフローターサーブで執拗に狙っていました。

サーブで崩して、ブロックもしくはフロアのディフェンスで…そしてトランジションアタックと全てうまくいっていたのではないかと思います。

攻撃が常に4枚あってスパイカーが安定もしているので、深津旭弘選手がどこへトスを上げても決めてくれる状態で、こういうチームのセッターをやると本当に楽しいだろうなと観ていて思いました。

悩みも迷いもなくてあちこち選択できますし、相手ブロッカーも翻弄されますしね。

パナソニックもですが、JTもまたなかなか負けないので、どこがこのチームを攻略するのかというのは非常に楽しみにしているところです。

ジェイテクトはウィークポイントを何とかしたい。試合中に修正していきたい

ウィークポイントを2つくらいあげます。

  • ブラトエフ選手のフローターサーブに対するレセプション。アンダーではなくオーバーで
  • サーブからブレイクが取れない。ブレイクのチャンスはブラトエフ選手とリリーフの松原選手のみ

まず1番はブラトエフ選手のレセプションだと思います。

もちろんブラトエフ選手自身が、ジャンプフローターサーブをアンダーで処理しようとして崩されがちになってしまうので、できるだけポジションを前に取ってオーバーでレセプションしたいところもあります。

でもそれだけでは足りなくて、対角OHの柳澤選手、リベロの興梠選手がもっと守備範囲を広げて対応する必要もあるかと思います。

咄嗟にスパイクサーブからフローターサーブに変えてくる選手は別として、フローターサーブを打つ相手の選手は大体わかっているわけですから、その場面だけでもブラトエフ選手をレセプションから外してしまうことも手です。

そういう意味では、対角は浅野選手の方が良いのかもしれません…。

2つ目はサーブで、JTの攻撃枚数を減らさないことには戦えません。

良い状態でなくてもかなり攻撃4枚は揃ってきますし、そうなるとブロックでは到底ディフェンスしきれません。

打たれ放題になってしまった部分もあったので、まずはハイセットを上げるしかないようなサーブで崩すしかないですね。

現状ですと、ブラトエフ選手か松原選手が良かったのですが、本来西田選手・福山選手・久保山選手もかなり崩せるサーブを持っているはずで、この試合は不発に見えました。

JTへのプレッシャーが足りなかったですね。

あと西田選手が迷いながらスパイクを打ちに行っているので、そこも気になりましたかね…。

ブラトエフ選手がレセプションして打ちにも入るとなると仕事量が増えるので、当然負担にもなっていきます。

MBのクイックはわりと昨シーズンよりは使えているのですが、ライトからの攻撃をもっと増やしたかったですね。

JTのブロッカーは試合後半になってくると、クイックに2枚ブロックで対応し始めましたし、もっとライトからが通ると、MBがレフトからライトへ走らなくてはならなくなり負担になっていいのですが…。

ジェイテクトは途中西田選手から袴谷選手に交替しましたが、ライト攻撃自体はそこまで増えてこなかったので、それはもったいなかったです。

袴谷選手は結構決めていたので、良かったんですが。

まあ、西田選手の調子は気になります。

昨シーズンよりも相手のブロックのプレッシャーはかかりますし、研究もされているので、さらに厳しいところに打って決めなくてはならないですからね。

昨シーズンよりはスパイクが決まりにくくなっているのは当然のことです。

それを何とか乗り越えてほしいですね。

トスと合っていない部分もなくはないと思うのですが、西田選手が自信を持って要求したりすることも必要かと思います。

リーグは長いし、多少時間がかかってもいいし待っていますので、いつか吹っ切れてくれるといいと思います。

自分が決めてやるという昨シーズンのファイナル6の頃みたいに頼もしくプレーしてくれるといいですよね。

 

本当にJTは誰が攻略するのか?

ジェイテクトはサーブが走ったらあるいは…というくらい私的にはサーブに定評があるチームだっただけに、受けに回ってしまったのが残念でした。

同じく攻撃4枚を確保できるパナソニックか?4枚vs4枚なのか??

それとも、トータルディフェンスが機能する豊田合成か?攻撃4枚vsトータルディフェンス??

豊田合成との試合は、11/11…本日です。

凄く楽しみです!

-JTサンダーズ, Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.