バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

バレーボール

たまには二次元(漫画)のお話です。

投稿日:

ここでオススメバレーボール漫画のお話です。二次元の話です(笑)

とは言っても、私が読んでいるのはハイキュー!!とご紹介する「神様のバレー」くらいです。ハイキュー!!が出てきてからどんどん出てきているので、全部チェックするところまでいってないのですが。「ハリガネサービス」とか辺りですかね。

神様のバレー第1巻

コミックス版は9巻、電子書籍は8巻までになっています。家に漫画を置くところもないので、私は電子書籍で読みたいものは読むようにしています。愛用タブレットで読んでいます。

Kindle版まとめ買い(笑)

ちょっと中身を紹介すると、

主人公がいい感じにゲスです。

褒めてます(笑)
あらすじは、バレーボールのアナリストが主人公で、Vプレミアリーグのチームのアナリストがある私立中学の弱小男子バレー部を全国制覇させたら日本代表監督をさせるという条件に乗っかるというもの。今の日本バレー界をいい感じにdisっているのがまた面白いところです。中学生に優秀なアナリストが着いて、技術だけじゃなくて考えながらプレーをすることだったり戦術的にプレーすることを身に付けて勝っていきます。

主人公が物凄く策士で、生徒達に理由を言わずあれこれさせておいて、試合になるとそれがだんだん戦術にハマっていくという経過が見ていて面白かったり。ハイキュー!!は試合の動きが楽しめますが、こちらはゲーム感覚というか「次はどんな手で来るんだろう?」といったワクワクしながら読める漫画です。ハイキュー!!は技術的なことだったりコマを使った画が凄くいいのですが、神様のバレーは戦術を読みながら楽しめる内容です。普段のちょっとした練習や主人公の言葉が布石だったりしますしね。

出てくる中学生が素直で可愛らしい(笑)

中学生なんですが、進学校の生徒なので頭が良かったりいろいろ生徒なりに考えてやっていきます。とにかく主人公のキャラが強烈なんですが、生徒達のキャラがなかなかいいんです。素直で心洗われます(笑)
生徒達は生徒達なりのやり取りがあって、それもまた面白かったりします。

ハイキュー!!のように同時多発位置差攻撃とかは出てきませんが、こちらもまた魅力的でハマっている漫画です。技術はハイキュー!!、戦術は神様のバレーと思っています。日本バレー界にも「ああそうだな」と感心できるところもあります。オススメですので、是非!

-バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.