バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ18/19シーズン 東レアローズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/4 JTサンダーズvs東レアローズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらは勉強になる伊藤信博氏の解説でした。

試合結果

JTサンダーズ 3-0 東レアローズ

実況

試合のポイント:確かに東レは戦力的に厳しい…JTには優位な試合展開だった

東レは本当に厳しいですね。

DAZNの実況アナウンサーさんの話によると、

MBは伏見選手までケガ寸前のようで、スタートのMBは戸嵜選手でした。

しかし、戸嵜選手はとても良かったです。

JTの小野寺選手が戸嵜選手のブロックを嫌がってスパイクアウトになった場面などを観て、ブロックのプレッシャーは効いていると思いました。

1本シャットアウトも決めてから、戸嵜選手のブロックを非常に嫌がるようになりましたね。

戸嵜選手はお返しにやられた場面もありましたが、クイックだけじゃなくブロックも効果はあったと思います。実戦でこれだけ使えるのはいいですね。

開幕から負けが込んでいるのですが、チームとしてはそれがそこまで悪い状況じゃないと思いました。

ただ、決め手に欠ける場面があったり、JTの4枚攻撃に対して対応しきれなかった部分は修正しないといけないですね。

アウン選手の対角のOHで被ブロックが多い…そこが悩ましかったかなと思いました。

JTはチームの完成度が高い状態でシーズンを迎えた。攻撃の4枚シンクロは見物。サーブが走るともっといい

まあ、サーブはリュー選手の場面で連続エースを取るなどしていましたが、JTと言えばエドガー選手・山本将平選手のビッグサーバーラインが魅力だと思うので、そこが走るようになるといよいよ怖いチームとなりますね。

スパイクが良いですね。

パナソニックに匹敵するんじゃないかなと思うくらいの、4枚攻撃。

特に山本将平選手が前衛で、リュー選手が後衛の時の、リュー選手のバックアタック。とても魅力的ですし、相手チームには脅威となるでしょう。ただでさえ前衛レフト・センター・ライトの3枚攻撃、+バックアタック。

中国代表の選手なのですが、23歳ととても若いですし、才能が末恐ろしいほどです。

アジア枠をよく利用していい選手を獲得しましたね。

山本将平選手もバックアタックがありますし、本当に攻撃は常に4枚揃ってしまう状態…。

これはサーブで相当崩して的を絞らないと、ディフェンスは簡単ではないです。

面白いチームになりましたね。

まだ上位勢との対決はしていませんが、パナソニックvsJT、豊田合成vsJT、ジェイテクトvsJT辺りの対戦がとても楽しみです。

相手チームもそろそろデータが集まってきたと思いますし、4枚攻撃に対してどういったディフェンスをするのか、対応してくるのかを楽しみにしています。


 

試合後「がんばろう呉」のTシャツを着ているJTの選手達。

災害のあった呉で試合ができてうれしい、こうして勝って呉を勇気づけられれば…キャプテンの山本将平選手がそういった内容の話をしていました。

呉では毎年試合をしていますが、今年は特に意味のあるものだったでしょうね。

インターバルは地元広島のダンスチームの子供たちがダンスを披露していました。

地元色が強いのがJTらしかったです。

JTは元々大きな会場である広島グリーンアリーナを観客でいっぱいにできるほど地元に根付いているし知られているチームです。

他チームが地元に根付くのをいろいろな企画で模索している中、JTは一歩リードしているように見えますね。

JTはクラブチームではないのですが、クラブチームでもやっていけるのではないかと思うのですが…。

パフォーマンスは子供たちは背も低いですし結構地味に感じたので、インターバルはもっといろいろできそうな気もします。

あと、JTはTwitter動画を利用していろいろ作って配信していたのが面白かったです。

どれも選手達の個性をキャッチフレーズで紹介する内容でした。

チームは地元に根付いていますが、選手のことも知ってもらえるといいですよね。恐らくそういった趣旨かなと思います。

地元のファンの入りがどうしても「チーム」なので、もっと知ってもらうとしたら選手達のこととなるのかなと思います。

「脇役はいない」。

私が笑ったのは、八子選手の「見た目ほどモテない」ですね(笑)

対戦チームの選手達も登場するので、恐らく豊田合成の高松選手辺りは何対決になるのか、今から気になります。楽しみです。

-JTサンダーズ, Vリーグ18/19シーズン, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.