バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】11/4 堺ブレイザーズvsFC東京のミカタ。V.LEAGUE.tvが酷すぎて、ちょっと観戦どころじゃなかったよ!

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今週も大分目途が着いてきたので、一安心です。

1日でも早く1週間の試合の記事を更新できたらいいのですが…模索中です。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイントの前に、V.LEAGUE.tvのカメラワークが酷すぎた件について

やはりここから書かせていただきます。

というか、内容が完全にはわからないくらいに試合を追えませんでした。

この試合はDAZNではなく、唯一新しくできた「vleague.tv」で中継された試合です。

会員登録を済ませれば無料で試合を観ることができます。

見逃し配信も数日遅れてアップされていました。

試合を見逃した方はぜひ…と言いたいところですが。

ちょっとカメラワークが酷すぎて使い物にならない!!

実況・解説はない、スタメンのローテーション・ベンチ入りのメンバー・選手交替などの紹介もない。

そこは良いんです。

かつて「ニコニコ生放送」で放送されていた時はそんな感じでしたから。

カメラワークがですね…本当に酷いものでした。

カメラをできるだけ固定にしてほしい…スパイクを打つ!という瞬間にいきなりネット際がアップになったり…それだとボールがどこに落ちたのかもスパイクが決まったかどうかもわかりません。

というか、観ている途中でいきなり距離感が変わるので、酔う人もいるかと思います…。

サーブを打つ場所も全体が見える映像、サーブはちょっと切れるが両コートは映る映像、ネット際のアップ…これら3つをボタン1つで切り換えていたのだと思いますが、急に切り換えすぎていて視聴には耐えられませんでしたよ…。

リプレイも出そうとしていたのですが、プレーが終わって喜んでいる場面が出てきたり…。

V.LEAGUE.tvの評価:いくら無料でもこのクオリティーはアカン!

せっかく堺のホームで盛り上がっていたし、タレントもいたし、FC東京も東京ドロンパのマスコットキャラクターを連れてきて(どこの会場でも見られるというわけではありませんドロンパは)盛り上げてくれたのに、肝心の試合が観れるような状態じゃないのはいかがなものかと。

企画名が「DAZN on vleague.tv」らしいのですが、DAZNの中継ノウハウが使われているとは到底思えません。

本当に、全く使われてないと思います。

DAZNの方がもっとずっといいです。

今や縦アングルも多くなりましたし、画質も良いし、課金し甲斐のあるサービスですよ…。

あんなにカメラを振り回したりしないし、アップと引きをうまく使い分けるし、リプレイ映像もきちんと出してくれます。

いくら無料でもこんな形ならもう2度と使わないでほしいですね…。


 

ともあれ、両チームのセット間やインターバルのイベントは楽しいものでした。

1セット目終わりは、堺の応援団長のなおきさんが女子チアリーディングの格好をしてチアダンスを披露したり。

なおきさんは堺のマスコットキャラクターのようなものですからね。

対して、FC東京は東京ドロンパが登場。

長いインターバルの間は、なおきさんと東京ドロンパの絡み。

なおきさんのマイクパフォーマンスと東京ドロンパのパフォーマンスショーですね。

東京ドロンパの「U.S.A」が観れました。

ただ曲を流してダンスを見せるだけじゃなくて、手拍子を観客に促したり、さらにショーも良かったですし。

なおきさんはそういった場に慣れているのもあるのでしょうが、うまいって感じでしたね。相手のFC東京にも配慮を感じますし。

段取りとかもしっかりしています。

他のチームもインターバルをどう使ってくるのか、まだちぐはぐはチームも見受けられるので、もっと慣れてきた頃が楽しみかなと思います。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.