バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン サントリーサンバーズ バレーボール 東レアローズ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】11/4 東レアローズvsサントリーサンバーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

前日の試合より先にこちらから…。

試合結果

東レアローズ 3-0 サントリーサンバーズ

実況


試合のポイント:やっと東レらしく戦えた試合。サントリーは戦力的に負けるのは痛い

東レは本当に良かったですね。です、ハイ。

ホッとしたサポーターの方も多かったのではないかと思います。

戦力は相変わらず厳しい状況です。

OPルジエ選手はそろそろだけどもまだ、MBの李博選手、髙橋健太郎選手は1ヶ月ほどかかるそうです。

さらには伏見選手まで!

しかし、この試合は普段OHを務めている戸嵜選手がMBで活躍してくれましたね。

対角の富松選手は相変わらずベテランの味というか、サントリーが甘いコースへ打ってきたボールを逃さずシャットアウトしたりはさすがなのですが。

戸嵜選手がクイックにブロックにと前日からいい役割をしていたため、これは李博選手も髙橋健太郎選手もうかうかしていられないのでは。

この試合の東レはサーブが良かったですよね。

サービスエースも本数がありましたし、それ以外でもサントリーのスパイカーに簡単には決めさせていなかったのが良かったと思います。

アウン選手も頑張りましたね。

サントリーの状況が良くなかったので、ここは勝っておきたかったですね。

東レは誰が出てもまでは行かないのですが、それでもこの戦力ダウンをチームでカバーしていて、ここに来てやっといい形になってきたと思います。

これに早くルジエ選手が加わらないかと思うのですが。

サントリーには痛い1敗。セッター交替で試合を乗り切れなかった

スタートセッターが大宅選手だったのですが、どうもこの試合はうまくいっていなかったですね。

特にセットが全体的に低くて、スパイカーの打点が確保できなかったのがつらかったところです。

セッターを岡本選手に交替して、ある程度打点の高さを確保できる場面はあったのですが、安定はしなかったんですよね。

そこで安定してくれると大宅選手がこの試合のように不調でも、安心できるのでしょうが…。

ただでさえ、チームとしての完成度はまだだと言うのに、こういったイレギュラーな事態にどう対応するのか、さらに悩ましくなってしまいますね。

現状は大宅選手で最後まで行くのがベストのようです。

そうではなくて、できるだけ岡本選手なり山本湧選手なり、起用で何とか乗り越えていってほしいものです。

大宅選手で最後まで行くしかないという感じだと、昨シーズンの3レグと同じような状態に陥ってしまいそうです。

それではいくらムセルスキー選手がいても宝の持ち腐れになってしまいますよ。

あとOHの藤中選手があまり決まらなくてですね…。

戦力的にも、今の東レには負けたくなかったでしょうしね。

東レもよくサントリーを研究し、この試合に賭けていたような気もしますが。

サントリーはコンセプトの問題がかなりありそうですが、低い速いを早急に諦めてほしいですね。

セットが低い時点でもうスパイクが決まる気がしません。

せっかくムセルスキー選手がいても、このままだとエスコバル選手の時と変わらないのでは…と。

せっかくサーブ&ブロックのようになってきて、そこはうまく行ってる試合もあるのですが…まあ、この試合はサーブが弱かったので残念ですが。

何とかサーブを入れたかったんでしょうか…それだと逆転は難しいですね。

小川選手、米山達也選手、いずれもサーブで1点を狙える選手ですから、彼らが緩いサーブを打っていてさらにミスになっていたのは残念でした。


東レはすごく良いなと思ったのですが、サントリーに関してはメンバーが揃っているにも関わらずこのままで大丈夫かなと思ってしまいました。

どっちも良くて競り合うくらいが面白いんですけどね。

-Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, バレーボール, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.