バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS バレーボール 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE 18/19シーズン】11/4 ジェイテクトSTINGSvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

続きます。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 3-1 大分三好ヴァイセアドラー

実況


試合のポイント:大分三好は1セット目の状態を維持したい。ジェイテクトは勝利したが内容は良くなかった

ジェイテクトは勝利しましたが、内容は決して良いとは言えませんでした。

前日に指を気にしていた久保山選手は試合に復帰しましたが。

西田選手は前日ほどプレーに幅がなくて、スパイクがあまり決まらないという印象だったかと思います。

ケガの郡選手のポジションはやはり柳澤選手が務めました。バックローテーションは浅野選手と交替する場面もありましたが。

ブラトエフ選手もスパイクがなかなか決まらなかったという印象だったかと思います。

西田選手、ブラトエフ選手のスパイクがなかなか決まらないと、どうしてもセッターの状態が気になってしまいますが。

セットの質は良いとは言えませんでしたね。

特に低くなったりニアネットになったりがあり…特にその場面場面でスパイカーに来るセットのバラつきがあったという説が私の中で濃厚です。

ブラトエフ選手に関しては途中でフェイントなどの判断力で勝負できていましたが、西田選手は結構悩んでいたのかもしれません。

西田選手に関しては、西田選手が入ってくる助走のタイミングにバラつきがあった説もあります。

それでセッターがどのセットを打ちたいのかわからなくなり、迷ってしまった…そういう場合もあります。

その辺はセッターとスパイカー間でコミュニケーションをうまく取ってほしいですね。

コンディションが上がらなくても試合は続くわけですから、試合中に修正していきたいものです。

セッターとスパイカー、どちらのコンディションが上がらないのか…あるいは両方なのか…この辺はさすがにコートにいるご本人達でしかわからないことですね。

セットがバラバラなのか、スパイカーの助走がバラバラなのか…どちらも有り得るかと思います。

前日のパナソニック戦でも観られた、セットが雑になってスパイカーが打てない…そういう印象ばかりだったので、その精度はもっと上げていきたいですよね。

大分三好に1セット取られた原因は、打点の高いスパイクに対してディフェンスしきれず、トラジション・アタックを決められ過ぎたというのはあるかと思います。

ブロックももっと詰めていきたいところですね…。

1セット目がベストパフォーマンスだった大分三好。打点が高いと十分に通用するスパイカーが揃っていることを証明

1セット目は良かったですね。

特にOPのヤカン選手の打点が高い!

ブロックの上から打っていた場面が多かったですし、ジェイテクトがディグのうまい久保山選手のディグで対応しようとしていましたが、それも弾き飛ばす強さがありました。

こういうスパイカーがV1で通用するスパイカーだと思うんですよ。

それを引き出したセッターの小松選手。いいと思います。

これを次のセットも…と行きたかったですね。

ここからはさすがにジェイテクトも対応してくるんですよね。

ジェイテクトはブロックがV1の中でもあまり良くないチームではありますが、ディグがうまい選手が揃っていてディフェンスをフロアに頼りがちなのですが、ある程度慣れてくるとディグもできるようになってきます。

サーブも、ブラトエフ選手や西田選手などに崩される場面がありました。

相手がやってきたことに対応してきてからがやはり本当の勝負です。

今のV1で勝っていくには、対応力を身に付けていくこと。手数を増やすことです。

相手が対応してきても、次の1手が必要です。

とりあえず打点が高いとこれだけ決まるんだと思いましたし、後は戦術面が増えてくると面白いチームになってくるのではないかと思います。

ヤカン選手に最後まであの打点で打たせてみてほしいですしね。


この試合で気になったのはこちら。

クビアク選手のことはミハウじゃなくて「クビアク」って呼びますしね。

その差は一体何なんでしょうか。

バレンティンって誰だと一瞬思ったのですが、1人しかいませんけどね。いないんですけどね。

でも大分三好の外国籍選手の名前がわからないようなあまり詳しくない人だと、外国籍選手が3人いるそうだけど誰?となるはずです。

DAZNで試合を観るのはバレーファンばかりとは限りませんよね。

エスペホ選手も「マーク」って呼んだりもしますが…。エスペホ選手やヤカン選手はどちらかと言えばフルネームで呼ばれていましたね。

全助っ人選手をどっちかにしてほしいな…というか、その方が視聴者がわかるんじゃないかなと思います。

ブラトエフ選手に関してはさすがに途中から「ブラトエフ」と呼んでいましたけどね。

背中に書いてもないのにいきなり「バレンティン」は驚きましたわ…というか、引きました。お友達じゃないんですから。

サーブミスはダメ論はこの後の試合の方が酷かったですがね…。

-Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS, バレーボール, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.