バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

DAZN Vリーグ18/19シーズン バレーボール パナソニックパンサーズ 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】11/4 パナソニックパンサーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

荒れた試合でしたね…コートも解説も。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 豊田合成トレフェルサ

実況


試合のポイント:荒れた試合だったが、勝ったのはパナソニック。現時点でのチームの完成度の差

試合序盤からパナソニックのクビアク選手からあちこちへ罵りがあったようで、豊田合成のイゴール選手やティリカイネン監督がそれに反応してしまう場面もあり、とても荒れそうだなと思いました…。

パナソニックのホームゲームで、始球式も両チーム共に和やかなムードで終わったのに、試合が始まったら一変しました。

できればこういったのはナシでお願いしたいものですね。

この試合は豊田合成はもったいない落とし方だったと思いますね…。

でもこれまでの試合でまだ未完成な部分があって、それをパナソニックに突かれた格好だったと思いました。

スタートのOPはイゴール選手でしたが。

私はディフェンスがあまり機能していないことが気になりました。

特に大竹選手はまだデータも少ないのでしょうが、甘いコースも抜かれ過ぎていて、豊田合成らしくないなと思いました。

いつもなら、閉まっているブロック・隙間にディガーが待っているという状態ですが、それを作れていませんでしたね。

それでも3セット目くらいには大竹選手へ対応できていましたが、時すでに遅しでしたかね…。

大竹選手のスパイクに対してはディグで対応しようとしていたのが伺えました。3セット目くらいには拾えてきていましたね。

オフェンスに関しては、クイックが少なかったりはあったと思いますが、イゴール選手はMAXとはいかないものの状態は悪くないと思いました。

冷静にうまさのあるスパイクが目立っていたと思います。

せっかくOHに山田脩造選手を起用しているのですから、もっとバックアタックなど使っても良かったと思います。

手数が増えるといろんな選手が楽になりますしね。

ディフェンスシステムの部分でもっと機能していれば、1試合ずっとモヤモヤすることもなかったのかもしれません。

完成度を上げた豊田合成とパナソニックの試合が観たいですね!

この日はクビアク選手が目立っていた。もっと楽にプレーできるようにさせてあげたい

クビアク選手らしさというのは、前日のジェイテクト戦よりはあったように思います。

スパイク面で、クビアク選手ばかりにボールが集まるということも少なかったですしね。

クビアク選手にはレセプションやディグ面でクビアク選手の負担が大きいですし、ブロックでもスパイクでもとても考えて仕掛けていく選手ですので、クビアク選手がアレコレできているのはチームとしていい状態だなと思います。

逆に言うと、クビアク選手がアレコレできないくらいに負担をかけないと今のパナソニックに勝つことは難しいということです。

それを考えると、前日のジェイテクトは実にいい線行っていたと思います。

自チームの中でセッター交替を必要としたりしたところが惜しかったですかね。

もうこの辺はパナソニックが乱れるくらいに崩すことができなかった豊田合成が問題なので、パナソニックはこの試合に関してはどうこうという問題はあまりないですね。

細かいところは詰めてほしいですが。

それはほぼOPの大竹選手のテクニカルな問題や、山内選手のブロックとか、選手個人の初歩的な部分になってきますので…。

少なくとも、クビアク選手が全然目立たないような試合はパナソニックとしてはまずいですよね。


この試合は解説席も荒れていましたね…。

解説の前田健氏の主張「サーブミスはダメ」論なのですが、的を得ていない上に、選手によって受け答えを変えている辺りが聞いていてかなりモヤモヤしました。

前田氏は山内選手と白澤選手があまり手によく当たっていないサーブミスだったと評価したのですが、「山内選手は練習不足だからダメ」「白澤選手は苦笑いで良い」と言っていたので混乱しました。

前田氏は「サーブミスは全部ダメ」派なんですけどもね。白澤選手のは良いのか??

選手によって良いとか悪いとか言っているのはさすがにどうかと…。

好みの選手かそうでないのかという風に思ってしまいますよね。

パナのリードしてる時のサーブミスは良い。豊田合成は劣勢でサーブミスはダメとか…。

でも選手によって良いとか悪いとか言っている時点で明らかに好みが発生しているようにしか思えませんし、それならチームによって違うのも好みなのか?と思ってしまうほどです。

いやぁ…酷かったですね。

まあ、要するに前田氏は現代バレーでサーブがどういう位置付けなのか全くわかろうとしていないということですね。

きっとわかりたくもないんでしょう。でも、今のV.LEAGUEは違うんですよね。

実況アナウンサーさんも知識を引き出そうと頑張ってくれましたが、サーブに関しては前田氏の主張に一貫性がないので相当困っていた様子でした。

アナウンサーさんは悪くないですよ…。

自分の主張を曲げられないなら、前田氏にはしばらく来ないでいただきたいですかね…。

理論ではなく主張であることはよくわかりましたから…。

-DAZN, Vリーグ18/19シーズン, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.