バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

DAZN Vリーグ18/19シーズン 堺ブレイザーズ 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/28 豊田合成トレフェルサvs堺ブレイザーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらもチーム状況というか、チームが開幕までに準備してきたことの差が出てしまったような試合です。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-1 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:お互いにフラストレーションが溜まるゲームだったと思うが、豊田合成がうまく対応できた試合

何でしょうね。

豊田合成は久々にイゴール選手が登場しました。

それでも何だか観ていてもフラストレーションが溜まっているのが少しわかってしまうような試合内容だったと思います。

ティリカイネン監督もどこか叫んでいたり。

2セット目途中くらいまでは堺ペースだったのですが、その時ですね。

3セット目以降はいつもの豊田合成だったと思いました。

まずジャンプフローターサーブでOHの白岩選手が狙われたこと。白岩選手を替えざるを得なくなり、その後黒澤選手に交替して、最終的にはオフェンス力を高められる山田脩造選手で落ち着いた様子でした。

この辺はとてもストレスを感じていた部分かなと思います。

1セット目は酷くて堺がよくサービスエースを取るくらいだったのですが、合成側のサーブを受ける時のマッチアップが悪かったんでしょうね。

そして自分達のサーブの効果があまり現れなかった。ですが、ローテーションを回してスタートしてからは良くなりました。

イゴール選手のサーブからスタートしましたが、高松選手のサーブからに変更し高松選手のサーブの打数を増やしました。

また、レセプションが乱れてイゴール選手にトスを上げるのですが、何だかイゴール選手がプッシュやフェイントばかりで強打があまりできていませんでした。

この辺も実はあまりうまくいっていなかった部分ではないかと思っています。

しかし、セッターを途中交替したり、イゴール選手を椿山選手に交替したことで状態の良い選手がいてチームが楽になったのではないでしょうか。

イゴール選手は試合には出られる状態なんでしょうけど、まだ良かった時とは程遠いのかなという印象でした。

それだったら状態の良い選手…となりますよね。

セッター交替は前田選手が一旦コートの外から試合を観る時間となったのではないかと思います。この試合はライトへのセットが伸びないことが多かったので、特にイゴール選手が苦戦していた印象です。

豊田合成については、うまくいかなかった部分を変化させながら対応して修正した試合だったと思います。

山田脩造選手をOHで起用するのは私も期待しているところです。途中はbickも打っていましたしね。

今回は高松選手の負担を軽減することを考えると、後衛OHの攻撃参加は効果がありますし。豊田合成はまだ引き出しがありそうです。

1セット目を取り、相手が新しいことをしてきたら対応できなくなってしまった堺

1セット目を取られた段階でいろいろ修正をかけてきた豊田合成でしたが、新しいことをやってきたのに対し堺が対応できなくなってしまいましたね。

堺が1セット目を取ったのにもローテーションを回すことで対応してきました。

1度対応されたら、また新たな1手を打たなければ勝つことはできませんが、堺にはまだそれがないようで…。

千々木選手がよく攻撃に参加していてさすがの5番らしかったのですが、それ以外で目新しく良かったところなどはなく…。

気になったのは2番OHの髙野選手への負担です。

千々木選手が後衛でも入っている時はある意味レシーブに徹しているのですが、千々木選手に守備固めを入れてしまった時に髙野選手へトスが集中しがちだったんですよね。

それでなくてもレセプションからチャンスボールから何から何まで髙野選手が結構拾っているので、もうちょっと仕事の量を減らしては…と思ってしまいます。

守備固めに入ってくる小池選手は悪くありません。交替される千々木選手もです。

ただ、起用の仕方が「守備固め」というのがいただけないですね…。

豊田合成もクイックがないとわかるやいなや、ブロッカーが髙野選手のいるレフト側へ走ってきます。

対策としては、まずもっとリベロの山本選手が守備範囲を広げることです。

チャンスボールまで髙野選手が拾うとかは、たとえ髙野選手が拾えても減らした方がいいと思います。

髙野選手はレシーバーではなくスパイカーなので、バックアタックも打ってほしいですしね。

山本選手はもっとオーバーでハイセットをあげてほしいというのもあります。

「守備固め」もやめたいですね…。

入れるなら、レシーバーの役割だけじゃなくてきちんとバックアタックを打つような選手を入れたいのです。

そうでなければ、とてもではありませんが豊田合成のディフェンスをかいくぐることはできません。

手数を多く持つことや運動量で相手を惑わすというのは以前堺がやっていたことで、それを知っている選手がまだ残っているはずなのですが…。

あと、竹元選手ももっとクイックを打ちましょう。

サーブも良かったのは1セット目だけなので、もっといろんな攻めのバリエーションがほしいものです。

まあ、まだ始まったばかりなので…交替回数のミスなどはこの試合はなかったのですがね。

しかし、相変わらずコートをまとめてくれる人がいないので、やはりジョルジェフ選手をコートから出すのはどうかと思います…。

 

DAZNの話なのですが、この試合は情報の間違いが多かったので、修正をお願いしたいです。

名前の間違いはさすがにセッターが交替になり、本物の山口選手が入ってきてからはリベロは「山本」になっていたのですが、ジョルジェフ選手についてはどうなんでしょう…。

昨シーズンはポーランドのPlusliga…全日本の古賀太一郎選手や柳田将洋選手がいるリーグに在籍していましたよ。

うーん…皆さん、Twitterとかの実況では名前を間違っているとよく指摘しているのですが、こういうのはハッシュタグをつけて直接届くように呟いた方がいいと思うんですよ。

個人のTwitterでつぶやいても効果はほとんどないです。

実況アナウンサーさんの攻撃がしたいわけじゃないじゃないですか。間違っているから、修正をお願いしたいだけですよね?

好きなものを間違われるのは良い気はしませんよね。

アナウンサーさんも気を付けてほしいですが、解説の方も間違っていると気が付いたらこっそりでもいいので訂正してほしいですし。その方が間違われた選手のファンも嬉しいはずです。

いいバレー中継になりますように!

-DAZN, Vリーグ18/19シーズン, 堺ブレイザーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.