バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン パナソニックパンサーズ 東レアローズ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/28 東レアローズvsパナソニックパンサーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

2戦目に突入する中、試合を観ていて戦力が心配になるチームもあり…早く復帰してほしいですね。

試合結果

東レアローズ 0-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:戦力不足の東レは目の前のことで精いっぱい。パナには余裕もあったが、レベルはまだまだ上げられると感じた

東レはまだ先行き不安ですね。

MBとOPの戦力が足りずに苦戦しています。

MBは一応人数は足りているのですが、伏見選手の前衛ローテーションが技術的にも経験値的にも物足りなさを感じます。

伏見選手との交替はやはり戸嵜選手で、いいクイックを打ったりしているのですが、ブロック面ではやはり付け焼刃な面もあります。

富松選手は相変わらずシャットアウトへの臭覚が鋭い選手と言いますか。

特にパナの大竹選手が甘いコースへ打った時を見逃さないですね…その辺はさすがというべきでしょう。

まあ、1番問題に感じたのは、何気にOHなんですよね。

1セット目はアウン・トゥ選手がレフトから打つ時にシャットアウトになるケースが多かったです。

しかし、2セット目以降はアウン・トゥ選手も対応できていましたし、心なしか楽になったようにも見えます。

なぜかというと、

後衛のOHがbickを打つ選手かどうかで変わっていたと思います。

1セット目ではもうレセプションが乱された瞬間にレフトしかなかったんですよね。

OPの落合選手もシャットアウトされるケースもありましたし、アウン・トゥ選手しかなかったのです。

しかし、2セット目以降はOHの対角に鈴木悠二選手が入り、助走をするようになったのでブロックを分散できるようになりました。

1セット目は攻撃枚数を確保できていなかったですね。

OPが、1セット目~1セット目途中までは落合選手→2セット目途中まで米山裕太選手→2セット目途中から再び落合選手と交替していたのですが、落合選手がコートに帰ってきた時の方が攻撃枚数が揃うので相手のブロックに遭うこともなくなったと思います。

シャットアウトされ続けるということはなかったので、アウン・トゥ選手も役割を果たしていたと思います。

とりあえず、ルジエ選手だけでも早く試合に出られるようになるといいですね。

東レ的にはまだちぐはぐで、これという試合を見せられていないと感じています。

パナソニックは余裕の試合運び。大竹選手をスタートから起用

余裕すら感じましたね。

しかし、少しクビアク選手にスパイクが集中しがちなのが心配な要素です。

大竹選手はまだまだコースも甘いですし、スパイクが決まっていてもうまさとかはなくて、チャンスボールを返す位置も甘いですし、スパイクを打ちに行く準備もしてない時もありますしとりあえず遅いですし、さらにはディグももっと参加しないといけないでしょうし…やることがたくさんありますよね。

既に富松選手には甘いコースをしっかりと押さえていましたし、他のチームのうまいMBと勝負できるのか?と思ってしまいます。

まだ技術的にも経験的にも不足していますが、今はまだやれないと割り切ってやめてしまってはいけないと思います。

ディグはもっと参加してほしいです。取れないからといって誰かに守備範囲を広めてもらうのはもってのほかです。

クビアク選手にトスを上げてもらうようなスパイカーになってほしいですしね。

この試合のクビアク選手のセットアップは福澤選手ばかりだったので…信頼がまだないようですね。

これからです。

 

いろんなところからスパイカーが走ってきて誰が打つかわからなくて面白い!ということは残念ながらありませんでした。

東レはともかく、パナの深津英臣選手はもうちょっとやれたのではないかなと思うのですが。打つのはレフトから…前衛OHの選手ばかりでした。

藤井選手はメンバーが固まって落ち着いた3セット目からはクイックやbickを使うことができていましたし、これが普段の藤井選手ですよね。

パナは相手に合わせる必要はなかったと思うのですが。

これだけチーム状況に差があると、パナはまだもっとやれますよね…そう思ってしまいます。

もちろん、これからチームが固まっていくところでしょうけども。

豊田合成とはどう戦うのか見物です。

-Vリーグ18/19シーズン, パナソニックパンサーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.