バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/28 VC長野トライデンツvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらは初昇格による2チームの試合。

どちらが勝つのか?というところはとても興味がありましたね。

試合結果

VC長野トライデンツ 3-0 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:もっと競り合うかと思った試合。好調の選手をうまく起用したVC長野が勝利

この試合は、前日の試合の状態を振り返り、前日より噛み合ったら大分三好の方が有利かと思っていたんです。

昨シーズンの順位も大分三好の方が上ですしね。準優勝のチームでしたから。

VC長野は昨シーズンはチャレンジリーグの中でも5位という成績でした。

1番の理由は助っ人のキセレフ選手と共に戦えるのかどうか…そこでした。

キセレフ選手を起用するのであれば、どうなるだろうなと思っていたのです。

が。

この試合のスタートは開幕と違い、前日好調だった小林選手をOPに起用しました。

そこで、チーム内がうまく回らなくなるという懸念は払拭されましたね。

苦しい時は小林選手が決めてくれるというところでチームも安心できたでしょう。

小林選手も託されたボールをしっかり決めてくれましたし、それだけでもチームの安心感は違ったかと思います。

VC長野は、サーブが弱いことだけが気になりましたが、それ以外はクイックも高くていいですし、スパイカーが伸び伸び打てていれば十分やっていけるという印象です。

ただ、キセレフ選手も交えて戦わないと1シーズンを乗り切るのは結構きついかもしれませんから、何とかなってほしいとは思います。

ホームゲームで初勝利!

これはチームを勇気づける勝利でしょうね。

大分三好は厳しいことになった。若いチームだけにうまくいかなかったときの気持ちの切り換えが難しい

別にベテラン選手ばかりのチームでもミスは出るんです。

ベテラン選手がいるだけでチームの安定感が観ていて違うんですよね。

その差は何かというと、ミスが出始めた時もベテラン選手は経験上落ち着いていられるんです。

あと勝利体験が重要で、勝ち方をよく知っています。

バレーってそもそも「ミスが出た=負ける」ということはないんですよね。

ミスが出て負けたというのは、ただの結果論なのです。

ミスが出てもどういうミスだったのか何がいけなかったのかをきちんと分析して修正すれば持ち直すことができますし、勝てるんです。

ベテランの選手ほど勝利体験がありますし、修正能力も高いんですよね。

しかし、若い選手はそうはいかない。

セットの後半になって連続したミスが出た。それだけで浮足立ってしまいます。

なので、若い選手が多ければ多いほど、ミスが出始めた時に連続しますし、その時にすぐにケアすることが必要です。

「今のは何がいけなかったのか」「どういうミスなのか」「どうすれば今のミスは防げたのか」。

そこをハッキリすると変わってきそうなんですけどもね…。

とにかくすぐタイムアウトが必要かなと。

大分三好はベンチワークが遅い印象です。

ミスが連発した。それでもプレーは続行されてしまうため、若い選手が先程のミスを次のプレーに引きずってしまう。

チャレンジシステムの結果すらも引きずってしまいます。

サイドアウトはエスペホ選手、苦しい時のハイセットはヤカン選手…というのはいいと思うんですけど、トスが速くて彼らがうまく助走を取れなかったり、トスが伸びてこないので打ち切れなかったりが多かったです。

コート内に迷いがなくなっていくといいのですが。

チャレンジシステムには早く慣れていきたいですね。

 

ちょっと明暗分かれた試合になったかなと思います。

VC長野は新しく入ったアーマツコーチの効果でしょうか。

アーマツコーチがV1をよく知っていて、しかも指示が具体的なので選手達から迷いを感じません。

思い切ってプレーしているという印象の人も多かったのではないでしょうか。

両チーム共に、まだ上位と当たると差が出るとは思うんですけど、1シーズンかけてもっと埋めてほしいですね。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.