バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン ジェイテクトSINGS バレーボール 堺ブレイザーズ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/27 ジェイテクトSTINGSvs堺ブレイザーズのミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合はなかなか…モヤっとした試合でした。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 3-1 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:ベンチワークの差が出た試合。堺は選手の能力をいかしきれていなかった。

本当にモヤモヤしましたね…。

とりあえず堺の内容についてから触れましょうか。

試合前にこれ書いたんですが、「監督が変に交替してぐちゃぐちゃにしなければ」の部分が実際その通りになってしまって本当に残念な試合です。

千々木選手が5番、髙野選手が2番でオーダーだったのは良かったです。

問題は3セット目…終盤にかけてですね。

ここまでで交替しを利用したのは3回までです。

1セット6回までの交替なので、2枚替えを戻す・千々木選手のバックローテーションが終わったら戻す…以上でこのセットの交替は終わりのはずです。

その後堺の真保監督は、2枚替えを戻します。これで5回の交替を使い切りました。

あとは千々木選手が戻れば終わりのはずです。

が。

ここで真保監督は6回目の交替を使い切ってしまいました。

髙野選手にピンチサーバーで山口選手を送りました。

ですが、山口選手はセッターです。OHの選手ではありません。

髙野選手を戻せたら良かったのですが、その前に千々木選手に対して小池選手への交替をしてしまっているため、このセットはもう山口選手を戻せなくなってしまったんです…。

痛恨のベンチワークのミスです。

ここから先、いろいろ交替を繰り返しますが、ほとんど当たりませんでした。

関田選手のトスが低くなりがちだったのを佐川選手に交替して4セット目をスタートしたのは良かったかと思いますが。

いくら選手の能力が高くても、采配がまともでなければこのように宝の持ち腐れですよね。

これはやっちゃいけないミスでした。まあ、これはリオ五輪OQTで日本代表のコーチに入っていた真保監督のチームでも起こっていましたけどもね…偶然じゃないといいですねぇ。

堺は選手の個々の能力は高いんです。

アジア大会代表だった千々木選手、出耒田選手、髙野選手がいいプレーをしていましたし、わかる方も多いかと思います。

しかし、監督がこういうミスをして試合にも負けていると、応援されなくなってしまいますよね…ルールがわからない人から見れば、すぐ元気がなくなって勝てないチームだと思われてしまう。

新加入のマケドニア出身、二コラ・ジョルジェフ選手は既にチームに溶け込んでいますし、持ち前のリーダーシップでチームを引っ張ってくれます。

彼を下げるというのもよくわからない…これから精神的支柱になってくれる…それを引き受けてくれるタイプの選手です。

以前東レに在籍していたので、観たことのある方もいらっしゃるかと思いますが、本当に熱くて素敵な人です。

しかし監督の進退については早めに手を打ってほしいものです。名門・堺の名が泣いていますよ。

新加入のOH・ブラトエフ選手とコミュニケーションを取りながら試合を乗り切ったジェイテクト

ジェイテクトについては、本当に今ゲームをこなしながら徐々にチームを固めて行っている最中という印象です。

試合前は…

と思っていたのですが、そこまで真新しくはなかった(笑)

ブラトエフ選手はポジションがOHで、以前在籍していたカジースキ選手のように献身的で安定していて、自分の役割をしっかりこなしつつ、サーブの間などは1人1人に声をかけて肩を叩くような選手でした。

きちんと目を合わせてコミュニケーションを取りながら、もっと彼にストレスなくプレーできるような環境を作っていきたいものですね。

スタートは袴谷選手でしたが、アーマツ氏がいるときから取り組んでいたOPへの転向をしっかり物にしていて、開幕スタートを務めていました。

ちょっとトスが全体的に低いなと思ったセットは被ブロックも多かったですし、堺にセットを取られましたけど、それ以外は細かい部分以外は問題なく戦えていたと思います。

郡選手は新人ですが、スタートから問題ないですね。

たまにバックローテーションで浅野選手が登場するくらいで、交替しなくてはというパターンではなかったです。

18歳の西田選手は3セット目から登場しました。

動きは特に問題なさそうですね。ご本人もインタビューで「コンディションはいい」と言っていました。

スタートが袴谷選手なのは、西田選手・袴谷選手両選手のスタミナ温存の意味もあるのかもしれません。

この試合、セッターの久保山選手がクイックをよく使っていたのが良かったですね。

MBの名前がよく聞こえるなと思ったほどでした。レセプションも返っていましたが。

これは良い傾向ですね。

もっとbickも使っていいと思います!

 

堺は選手が可哀想と思ってしまうくらいなので、改善してほしいですね。

マルキーニョスコーチがベンチにいなかったという情報もあるので、交替回数を自分で数えられないのならマルキーニョスコーチをせめてそばに置いてほしいです。

ジェイテクトの高橋慎治新監督の采配は特に問題なかったので…余計に差がありましたね…。

ベンチワークも勝敗を握っています。

責任を持ってベンチワークしてほしいものですね。

-Vリーグ18/19シーズン, ジェイテクトSINGS, バレーボール, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.