バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ18/19シーズン 豊田合成トレフェルサ

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/27 豊田合成トレフェルサvsFC東京のミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

こちらは小牧会場の試合で、豊田合成のホームゲーム。

いろいろイベントがあったので、後で触れたいと思います。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:豊田合成のディフェンスが序盤から効いていた。FC東京はもっと工夫したかった

この試合の豊田合成は、アウトサイドの選手のスパイクをかなり封じることができていましたね。

ブロックまたはフロアのディフェンスで、FC東京のサイドのスパイカーがかなり苦しんでいました。

特にレフトから打つことが多いOHの手塚選手でしょうか。

試合序盤からこのような状態を既に作り上げていて、スパイカーにずっとプレッシャーがかかりっぱなしだったでしょう。

手塚選手が元気がなさそうに見えたのも、豊田合成のディフェンスのプレッシャーもありました。

FC東京の試合前の印象ですが。

新助っ人のOH・デロッコ選手ですが、かなりいい選手ですね!

カナダ代表ですが試合に出ていない選手だそうで…それでも十分にうまいです。

プレーが1つ1つうまくて安定していてくれるので、FC東京チームには助かる助っ人だと思います。

昨シーズンはOHを手塚選手と長友選手でOPに助っ人のペピチ選手だったのですが、今シーズンは手塚選手(5番)とデロッコ(2番)に置いて、OPを長友選手としています。

しかし、長友選手がかなりレセプションに入っていて、手塚選手がレセプションから外れるというローテーションが多いです。

長友選手はレセプションがすっかりお馴染みになっていて、安心して観ていられるようになりました。

長友選手はずっとOPだったのですが、昨シーズンのコンバートが活きているどころか、すっかり定着…。

長友選手はOPですが、アウトサイドヒッターという位置づけに近いですね。OH3枚がコートにいる状態です。

これはビッグサーバーである豊田合成の高松選手相手に4枚レシーブにしたりと、チームとしていいオプションを作れていると思います。

豊田合成のディフェンスに対してが大変でしたね…。

デロッコ選手やMBの栗山選手のように打点が高い位置からのスパイクは豊田合成もほとんど止めることができませんでした。

デロッコ選手と栗山選手は良かったのですが。

長友選手はライトからのC1(スロットC(ライト)からの1stテンポのスパイク)が効いてきてから持ち直した印象でしたが、手塚選手が最後の最後まで…というところでした。

ブロックなどの貢献もあり、なかなか外すことはできない選手なんでしょうけど…。

ロディコーチが監督となりましたが、ベンチワークは特に変わってないですね。指示が具体的で的確です。

自チームのサーブ前に本当の意味での作戦タイムを取って策を授けたりと、相変わらずです。

豊田合成相手には苦しかったですが、今後期待できそうなチームでした。

イゴール選手を欠いた豊田合成。アクシデントがあっても落ち着きがあって、ディフェンスが抜群に良かった

スタートは椿山選手でした。

途中に2枚替えで山田脩造選手に少しの間変わったくらいです。

イゴール選手が加わった時に、山田脩造選手をどう起用するのか気になるところですが。

OPとしては椿山選手は十分通用していましたし、良かったですね。

きちんと準備できていて、アクシデントがあっても対応できる選手達が素晴らしいです。

イゴール選手がいなくなり、それでも高松選手にそこまで負担そうなところがなかったのも良かったです。

開幕スタートセッターは前田選手でしたが、もうスタートでちぐはぐすることなく、昨シーズンの序盤が少し懐かしく感じます(笑)

新人選手もそこまで登場していないですし、豊田合成はまだまだこれから引き出しがありそうですね。

まだ全てを引き出してはいないかな…という印象で、あまり書くことがなかったです。。

開幕らしく、豊田合成のホームゲームを盛り上げるイベントが盛りだくさん

まずお笑いコンビのスピードワゴン・井戸田潤さんが登場!

愛知県出身なのは何となく知っていたのですが、会場である小牧の出身なのだそうです。

地元出身の全国区のタレントさんを呼んだということでしょう。豪華ですね。

会場を盛り上げようという意図ですね。

井戸田さんにインタビューで高松選手がいじられるという場面も。

2セット終了後には「井戸田潤クイズ」というコーナーをやって観客を飽きさせない工夫がありましたね。

きちんと司会者を置いて、井戸田さんがTO中などもおしゃべりしていましたしね。

イベントらしい部分を作りつつ。

でももっとやれますね(笑)

高松選手もまだまだ用意していますから、また会場に来てくださいとおっしゃっていましたし。

この辺は今後に期待したいですね。

 

各チーム、仕掛けてますね。

これからいろんなチームのホームゲームを観ることになりますが、どんな仕掛けがあるのか楽しみになってきました。

企業チームであるサントリーや豊田合成が盛り上げてますね。

長野も「りんごブイリー」のキーホルダーが売り切れたとか?それはおめでとうございます。

工夫はあちこちにありますから、会場行った方が楽しそうですね~いいですね~。

-FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.