バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE 18/19シーズン】10/27 東レアローズvs大分三好ヴァイセアドラーのミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

1日4試合×土日2日間、さらに1試合追加というシーズンが始まりましたが、さっそく土曜日分を観終わってヒーヒー言っております。

試合結果

東レアローズ 3-0 大分三好ヴァイセアドラー

実況

試合のポイント:力の差があった試合。V1に久々に昇格した大分三好だが、前途多難になりそう

大分三好は久々に観ます。

2011年?までトップカテゴリーにいましたが、FC東京に入れ替え戦で負けてしまい、FC東京昇格後はなかなか上に上がってこれなくなってしまったのです。

その記憶はうっすらですがありました。

V1リーグは10チームに増えて、久しぶりの昇格となりました。

V2などの下のカテゴリーをなかなか観ることができない(ネットなどで中継があれば話は別ですが、基本的に現地に行ける人じゃないと観れないのは下カテゴリー全般に言えることです)私のような田舎者には久しぶりでした。

だから目新しく、どういうチームなのか?という視点で観てしまいますよね。

助っ人のヤカン選手はチーム在籍が長いので、私でも知っていました。

さらに新加入のアジア枠の選手、フィリピン出身のエスペホ選手も初でした。

印象としては、若いチームなので、ベンチが早めに動いてほしい…と思いました。

2セット目はチャレンジの判定が微妙であり(このアウトに見えるボールをインと判定するのはかなり微妙ですので改善してほしい)、判定が不服で試合の後半にプレーに影響が出てしまっていたり。

出場しているほとんどの選手が25歳以下なので、本当に若いと思います。大卒の選手で3年目4年目だとほとんど新入社員だけで仕事をするような感じですよ…危なっかしいですよね。

ですので、早めのベンチワークがカギを握ります。

準備してきたことがうまくいかなかったときに、「うまくいかない。どうしよう」となって浮足立ってしまいます。

この試合前に全チームについていろいろつぶやきましたが、悪い予感は的中してしまったような感じでした。

今後この予想と開幕のチームはどうだったのか照らし合わせてみようと思います。

エスペホ選手の印象は良かったです。

たまにチャンスボールを取りに行って、バックアタックに入れなくなってしまうこともありますが。

この辺の戦術に対する意識は大分三好のチームが全体的に改善していかないと、V1ではなかなか通用しません。

スパイカー全員が打つ準備をもっとしていてほしいです。

まずは攻撃枚数を確保してほしいです。

若いチームだからこそ、すぐ成長するといいですね。

1レグが終わった後どうなっているかがまた見物です。

東レは助っ人のルジエ選手がベンチアウトの中、OP落合選手とアジア枠のアウン・トゥ選手が好調

東レの試合前の印象はこちら。

ルジエ選手(OP)はリオ五輪が終わって代表を引退しました。

その後、自国のフランスリーグではなくトルコなど世界のあちこちの海外リーグで現役を続けていましたが、日本に来てくれました!

この試合では出場がなかったですし、ケガの情報とかもチームとしてはあまり出したくなかったようでどうなっているのかわかりませんでしたが。

もしかしたら、この試合は休ませるという方向だったかもしれません。

それも有り得ることだと思いますし、長いリーグを戦っていく上で戦力を分散しながら強さを維持するということはどのチームにも必要なことだと思います。

ミャンマー出身のアウントゥ選手は、おそらくアジアカップかアジア大会で観たことがあったと思います。

ミャンマーというチームの印象はありますが、個人の選手まではきちんと把握できなかったのでわかりませんでしたが。

アウントゥ選手は普通に東レアローズに馴染んでいる印象でした。

OHというポジションなのでOPほど助っ人として目立つことはありませんでしたが、スパイクは力がありますし普通にこなしていましたね。

バックアタックも当然ありますし。レセプションが乱される場面が少しあったかなくらいです。

MBは現役を退いた篠田コーチが復帰と聞いていたのですが、この試合はジャージ姿のままで登場しませんでした。

が!

元々OHだった戸嵜選手が、MBとして登場しました!

クイックも決めていて凄い!

東レは代表でMBの李博選手と髙橋健太郎選手がケガで離脱しましたから、MBが手薄なのはそうだと思います。富松選手と伏見選手の2人で長いリーグを回すのは苦しいですよね。

そこで篠田コーチが急きょ現役復帰したのだと思います。

ですが、予想とは違って、戸嵜選手もMBをこなしてしまうのは伸びしろあると思いますし面白かったです。

OHでは米山裕太選手も登場しましたし、落合選手も活躍しましたし、サイドは準備万端のようですね。

今後に期待しましょう。

東レに関してはいつも通りでしたし、ボールもミカサになって相性がよくサーバーがやりやすそうだなとは思いました。

あとはケガ人の戻りを待つ間に上位とどれだけ戦えるかですね。

 

開幕からJT、東レ、大分三好とアジア枠の選手が違和感なくていいですね。

スタートから起用に応えていますし、頑張ってくれています。

いきなりだったので様子見のチームもあったと思いますが、これだけやっているとアジア枠を使うチームも増えそうですね。

OHだけじゃなくてMBやリベロ、セッターもいてもいいと思うんですけどもね!

-Vリーグ18/19シーズン, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.