バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

海外バレー

ポーランドPlusligaへの課金!の前に…

投稿日:

どうも。お久しぶりです。バレーヲタのリオです。

世界バレーが終わり、既に海外のリーグは試合が始まっています。

先週ついに課金して生配信の試合を観ることができました。

ですが、なかなかポーランド語が難解でして、苦労しました。

一応お金は払えたし、試合も観られるのですが、これでいいのか?という面がたくさんありまして、一応記事にしてみますがこの方法はまだまだ完全にオススメというわけではございません。

これを読んでも不安という方は、まだやめておいた方がいいと思います。

  • Plusligaの試合をリアルタイムで観たい
  • Plusligaに月額1200円くらい(10USD)は払える
  • クレジットカードまたはデビットカードを持っている
  • 海外へ課金するのも不安ではない
  • 動画を編集してSNSに投稿したりしません

Plusligaの試合自体は、放送があればその分は後からアーカイブで観ることができます。アーカイブは無料のはずです。

スマホからはアプリもあります。

Ipla

Ipla

Redefine Sp. z o.o.無料posted withアプリーチ

アプリで配信されるので、イタリアよりはハードルが低いかと。

課金!しかしその前に…

アーカイブは今のところ無料で観ることができますが、これも日本のファンのマナーにもよると思うのです。

Twitterで見ていても、「○○選手の部分だけを編集!」と動画に載せているのを見かけると、正直頭が痛いです。早速先週の分は見かけましたし。

やめてぇぇぇぇ

選手のファンが全世界へ共有するのはちょっと待ってください…。

というのも、これまでイタリアなどに選手が海外に行って試合に出ていたのは今まで無料で観ることができていたのです。

2014/15シーズンくらいまでは。

しかしその後は軒並み有料化、もしくは日本はIPアドレスで弾かれたりしています。

これをどう捉えますかね?

特定の選手のファンがその選手の部分だけを切り取りたいのはわかるんですよ。いいプレーもありますしね。試合を全部観なくても伝わります。

でも、SNSで載せて海外サイトにバレた場合、そのサイトが日本全体へ対策してくるんですよね。

そうなると、SNSに動画を投稿していなかったファンも皆試合を観れなくなったりするわけですよ。

特に海外リーグのファンの方も楽しんでいるものが観られなくなる…嫌な思いをします。

イタリアの特にRaisportが日本にどう対応したかでわかるように、今後は選手ファンの皆さんも何とかこれ以上閉め出されるのは食い止めましょうよ…。

選手が個人で海外挑戦しているから、観るのは選手ファンが増えるでしょうし、何かあったら余計に「○○選手のファンが」と言われてしまいますよ?

原因は他にもあるんでしょうけど、ファンにできることはまずSNSに動画を投稿しないことだと思います。

ご自分で現地で撮影したものはまだいいと思うのですが、サイトの動画は利用しないでください。

というわけで、課金の方法はわかっても、記事にするのはもの凄く躊躇っているわけです。

不確定な部分があるというのもありますが。

今夜まで考えます…。

-海外バレー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.