バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

世界バレー2018 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2018】9/14 日本vsドミニカ共和国のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらはスロベニア戦の前日の試合ですね。

BSTBSがうまく録画できなくて、リアルタイムで観るのも厳しかったので、VBTVの動画配信をずっと待っていたのですが、今日でしたね。

24時間後と言いながら、かなり遅い…まあいいですけど。

フルマッチが観られるので。

試合結果

日本 3-0 ドミニカ共和国

実況

試合のポイント:余裕で勝つことができ、いろいろチャレンジしている姿があった。リベロの力の差が歴然

ドミニカ共和国は格下と言えるチームでしたね。

この勝利は快勝と呼べるでしょう。

余裕のある試合運びだった。クイックやbickを多用しながら、さらにツーで打ったりもしていた

選手達の技術を存分に楽しむことができた試合だったと思います。

石川選手、柳田選手、関田選手、古賀太一郎選手…。

彼らのやりたいこととそれを実現させるレベルの高いプレーがどれも素晴らしいですね。

イメージ通り動けるというのはとても羨ましいです。

さすが日本代表!といったところでしょうか。

小野寺選手が初スタメン。違和感なく動けていた

小野寺選手は元々アジア大会に出場していましたが、髙橋健太郎選手がケガで離脱し、さらには李博選手まで腕を骨折し、アクシデントが続く中でのスタートとなりましたが。

早速起用されるなんていいですね。

ずっと帯同している伏見選手ではなく…というのがやや引っ掛かりますが、実際小野寺選手の動きがいいので、これは起用したくなるのもわかります。

ブロックの寄りもそうですが、高く上がったボールをコート外へ走って取りに行く姿などアグレッシブな面も期待できます。

アジア大会から移動の疲れもあるでしょうが、よく戦ってくれていました。

リベロの力の差が歴然。古賀太一郎選手のプレーレベルの高さが素晴らしかった

両リベロの差が凄くてですね…。

チームの中心であるキャプテンの柳田選手や石川選手…OHがこのチームを引っ張っていますが、それを支える古賀選手の技術は見逃せませんね。

これがリベロですね…。

井手選手も頑張っていますが、如何せん明らかにレベルが違いすぎる…。

井手選手の出場機会の方が多いのですが…うーん…。

これが次の試合で響くんですよね…そう思いながら観てしまいました。

古賀選手と同等の技術・戦術レベルのリベロがもう1人は必要ですよね…。

試合動画

こちらはハイライトですね。

柳田選手のバックアタックが!

取り上げていただけるのはありがたいですね。

 

次の試合はベルギー戦を観ることになりそうです。

ベルギーはスロベニアにフルセットで敗れました。

ベルギーも負けられなくなってきましたし、全力で来るでしょう。

龍神ニッポンはもう負けられませんから、とにかくサーブで攻めて、格上相手に臆することなく戦っていってほしいですね。

-世界バレー2018, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.