バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

世界バレー2018 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2018】9/10 世界バレー 日本vsイタリアのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

実際の試合は日本時間の10日早朝から行われましたが、リアルタイムでは観れず、家の環境の問題でBS-TBSの録画もうまくいかなかったので、昨日VBTVでようやく観終わったという感じです。

試合結果

日本 0-3 イタリア

実況

試合のポイント:屋外競技場、そして開幕戦に立てる感動…!そして内容は詰めるべきところを選んで早急に修正が必要!

まるで歯が立たなかったという内容ではなかったと思います。

初めての屋外コートで、お客さんとの距離も近いためか、戸惑う部分もあったのでしょうが、それはイタリアチームも同じ条件だったと思います。

声が聞こえにくいというのはあったでしょうね。それは観ていてわかりました。

いつもならリベロの古賀太一郎選手の声が響くはずでしたが、観た感じでは全くと言っていいほど聞こえてきませんでした。

選手同士が距離を詰めてコミュニケーションを取るのに必死な姿が…。

相手イタリアは地元のホームゲーム。

当然選手全員、コンディションは抜群でしょうし、気合が入っていたかと思います。

が、試合内容としてはイタリア的にはあまり良くなかったように思います。

イタリアのサーブって本来こんなもんじゃないです…。

しかも繋ぎもまだ詰めていないような…まあ、イタリアのような強豪チームはこれから上に行くにしたがってチームが完成していくので、この試合の姿が本来のイタリアとは思えませんが。

とにかく、相手を観ながら、龍神ニッポンがどう戦っていたかについて少し書いてみたいと思います。

早急に修正したいポイント①:サーブ

初めての環境と言う部分はありましたが、それにしてももっとサーブが走っていればとは思いました。

これからは体育館になりますし、そこに合わせていかなくてはなりませんが、本来の龍神ニッポンのサーブ力からしたらまだまだでしょう。

柳田選手のビッグサーブが、エース1本だけって寂しいですよ…。

もっと打っていくべきです。

早急に修正したいポイント②:ニアネットなトス。もっとネットから離して…

この試合ずっと気になっていたのはこれですね。

特に両OH…石川選手と柳田選手のレフトからのスパイクについては、シャットアウトされる場面が目につきました。

ニアネットな上に低くなってくると1枚ブロックでもシャットアウトされたりもしていました。

しかし両選手ともに、調子は悪くなかったかと思います。

特に柳田選手は打点も高く、トスがネットから離れていたら決めてくれていました。

ニアネット…ネットに近いトスの何がいけないのか…?

海外のブロックは、手を前に出してきます。もちろん日本も同じことをするべきなのですが、置いておいて。

それに対して、トスがネットに近くなると、その分ブロックとスパイクのヒットポイントの距離が狭くなります。

それの何がいけないのかというと、打った瞬間に真下に叩き落されます。

トスがネットから離れている場合、上に打ったりとスパイカーが工夫できるので、ブロックアウトやコースを狙うこともできるのですが、ニアネットですとそうはいきません。

ニアネットが通用するのは、スパイカーのヒットポイントがブロックより高い場合ですね…スパイクがブロックの上を通過するので、関係ないわけです。

背の低い日本が、海外のブロック相手にニアネットは苦しいのです…。

これは理屈上の話で、実際はスパイカーが何とかしてくれるわけですが、それでもこのようにシャットアウトされる場面が多くなるわけですから、ニアネットになってしまう数は減らすとその分スパイカーが楽になるはずですよね。

これからの試合は、このイタリア戦のようにニアネットが多いと、同じことが繰り返されるだけになると思います。

もうスパイカーがいくらうまくてもどうにもならないんですよね…ニアネットだと。

ですから、ネットから離しめに…スパイカーもそれを意識して助走してほしいです。

修正ポイント③:リベロの起用が謎で仕方がなかった

こちらも文章で書くので、どこまで伝わるか…とりあえず頑張ってみますね。

龍神ニッポンのリベロは井手選手と古賀太一郎選手です。

井手選手は年齢も若く、シニアの国際大会はまだ2年目という経験の浅い選手で、まだ戦術理解度も高いとは言えません。

よくbickの邪魔になっていますが…。

古賀選手は中堅~ベテラン域の選手で、フィンランド~フランス~ポーランドと海外を渡り歩いている選手です。

いい仕事をしてくれます。

この試合で変則的な起用だったので、わかりづらかった方も多いかと。

リベロの起用は、スパイカーやセッターなどの選手達とは違い、番号札を持って交替ということはしません。

ですので、気が付いたらリベロ同士が入れ替わったりしています。

プレー中に入れ替わることはないのですが、サーブ1本ずつの間で何度も交替してもいいのです。

後衛MBの選手と交替するというのが、現在最も世界で使われている方法ですよね。

チームによっては、レセプションをする(サーブを受ける)時とディグをする(サーブを打つ)時のリベロを交替させることもあります。

Vリーグですと、サントリーサンバーズが鶴田選手と酒井選手(現コーチ)、ジェイテクトSTINGSが興梠選手と本間選手と交替させながら戦っていました。

ジェイテクトの方がわかりやすかったかな…と。はっきりとレセプション(サーブを受ける)の時は興梠選手、ディグ(サーブを打つ)の時は本間選手ときっちり分けていましたから。

で、実際この試合はどうなっていたかというと…。

【レセプション(サーブを受ける)】
イタリアがジャンプスパイクサーブ(ザイツェフ選手、ユアントレーナ選手、ランザ選手、ジャンネッリ選手)の時:古賀選手
イタリアがジャンプフローターサーブ(アンザーニ選手、マッツォーニ選手)の時:井手選手

【ディグ(サーブを打つ)】
日本が石川選手、柳田選手の時:井手選手
それ以外のサーブの時:古賀選手

という、本当に観ている途中で法則を見つけ出すのが大変だったのです。

完全に確信を持てたのが3セット目くらいでしたかね…全てこの法則通りというわけでもなかった気がしましたし。

日本がレセプション側の時に、スパイクサーブだと古賀選手、フローターサーブだと井手選手というのは結構観ていてわかりやすかったかもしれません。

しかしこれは一体なぜこのような…。

疑問なのは、どちらかと言えば【ディグ】の方でした。

ディグが結構拾えなくてですね…経験不足な面もあるのでしょうが、状況を理解できていないところがありまして…。

困りました。

修正ポイント④:ハイセット

誰が打つのか?という面もありましたが、トス質の問題も結構感じました。

高いトスでブロッカーの枚数が揃ってくる場面、ここで決めるとブレイクできる場面がモノにできなかったですよね。

ニアネット問題と似ていますが…。

サイドアウトを強化したいと言うだけあって、サイドアウトはとても良かったのですが、ラリーが取れない…ブレイクできなかったです。

サイドアウトが良くても、ブレイクできなきゃ勝てないんですよ…?

ブレイクの弱さは感じましたので、高いトスになった時はブロックと勝負できる万全のトスを…!

フォローもしっかり…!

試合動画

VNLの時もありましたが、世界バレーもFIVB公式さんがやってくれます。

最後得点を決めたユアントレーナ選手。代表久々でした。私が観たのはリオ五輪以来のような…。

こちらは3セット目にあった長いラリーでした。

日本がラリーをモノにしましたが、両チームのリベロが本当によく拾ってくれていて…!

リベロに拍手したいラリーでした。素晴らしい。

 

西田選手が練習中に足のケガで試合登場なしでしたが…大丈夫でしょうか。

今後の試合は出るような話もありますが、打点が下がったりしていないかと心配です。

ともあれ、この敗戦は引きずる必要はないと思います。

むしろイタリアが今ある課題をあぶり出してくれたと感謝しましょう。

次全部勝ちに行くつもりで戦ってほしいですね。

強敵が揃っていますが…ベルギー辺りが大変そうですが、他も侮れません…。

この試合のようなサーブを打っていては正直話にならないと思うんです。

頑張ってほしい…!

-世界バレー2018, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.