バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

DAZN 大学

【アジアカップ】8/15 3位決定戦 日本vsチャーニーズタイペイのミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

総合力で勝てたような気がしました…何とかチャイニーズタイペイを振り切ることができて良かったです。

試合結果

日本 3-2 チャイニーズタイペイ

実況

試合のポイント:ベンチワークの悪さは健在だったが、最後は相手を振り切ることができた。選手達はよくやってくれた。総力戦を制す

勝てて良かったです…3位おめでとうございました!

相手のチャイニーズタイペイは、開催地で地元の大声援が後押ししていました。

そして、シニア代表チームとの対戦ということで、日本のユニバーシアード代表チームとは実力的にはあまり変わらないのかもしれませんが、スタミナなどは上だったはずです。

日本は連戦で疲労もうかがえました。

チャイニーズタイペイと言えば、本日試合前に情報が解禁になりましたね。

この試合にも出場していた陳選手がパナソニックパンサーズに入団決定!

17/18シーズンはヴォレアス北海道で活躍し、オールスターのチャレンジリーグでも姿が見れました。

印象はというと、とにかくスパイクの火力が凄い!

チャイニーズタイペイではOHのポジションに入っていてレセプションもしていましたが、OP起用もありかと…!

どうなるのか楽しみですね。

総力戦!OP宮浦選手→高梨選手、OH仲本選手→富田選手の交替が効果あり

どうも不調に見えた宮浦選手に替えて高梨選手、最初勝岡選手→富田選手で途中相手のブロックに阻まれた仲本選手を勝岡選手に交替し、最終的には富田選手と勝岡選手の対角で落ち着いたOH…。

ずっと出てきた宮浦選手や仲本選手は序盤から疲労の色がありましたね…。

ですが、交替した選手がまだ動けていたのは収穫でした。

ハイセットは高梨選手が決めてくれて、富田選手もスパイクで大分貢献してくれました。

本当に助かりましたね…。

さすがは4年生といったところでしょうか。

いや、いつでも出る準備をしていてくれた彼らに感謝ですよね。

何年生であろうと、それは関係ないことだと思います。

2セット取られた時はこのまま負けてしまうのかと思ったほどでしたので…。

全員バレーを忘れてはいけませんね。

最後は攻めのサーブ!樋口選手のノータッチエースには痺れた!

これは本当に素晴らしいプレーだったので、取り上げておかなくてはと。

この試合はそこまでサーブが走っている印象はなかったんですよね。

それでも途中単発で樋口選手がサービスエースを取ったり、勝岡選手が取ったり、小林選手のサーブで連続ブレイクできたりといいところはあったんですよ。

5セット目、デュースで追いつかれてポイントが移動する中、最後にあの強いサーブが打てたのは素晴らしいです。

全員バレーもそうですが、若いチームでも実力少し上の相手と戦う時の戦い方として、いい経験になったと思います。

特に勝って終われたというのが良かったですね。

 

実況には散々出てくるのですが、セッターの道井選手をピンチサーバーに起用して、その後デュースに持ち込まれてセッターが迷っているのに替えられないという状況を作っていた博打大好きベンチはいただけない。

そこはダメですよ。勝ったから良かったものの。

選手が頑張ってくれたから良かったですよ。

途中に5点差くらいあったのに、デュースに持ち込まれるってやられてはいけないことですよ。

デュースに入ってから打つ手がなくなっていましたしね。

ワンポイントでピンチサーバーをブロッカーを入れてみたり、ベンチは先手を打ってるつもりなんですよね…こういうのは。

しかし、先に何があるか計算できないのが学生カテゴリーだと思うので、デュースに持ち込まれることも計算に入れて戦うべきです。

交替枠やタイムアウトは使い切らない方がいいでしょう。

代表は準備期間の短い即席チームなんですから、尚更です。

本当に選手達の精神力・集中力は良かったんですが、ベンチワークは何度か足を引っ張っていました。

凄く残念です。

 

こちらの試合動画はDAZNではなくてYouTubeにありますが、URLをブログに載せると消されてしまったりすると思うので、こういった形で申し訳なかったです。

DAZNもせっかくパナソニックパンサーズ入団が発表された陳選手と日本代表との試合を放送できずに悔しかったでしょうね…。

話題がたっぷりあるから、この中継をしようと考えたのでしょうし…。

ともあれ、次回はアジア大会!になりそうです!

アジア大会は、こんなことになっていて心配もありますが…。

大宅選手のTwitterでこの情報を知ったのですが、絶句しましたよ…。

何とか頑張ってほしいですが。

アジア大会、世界バレーと試合はあるので、今後の記事も頑張ります。

ユニバーシアード代表にはエネルギーをいただきました!

お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。

-DAZN, 大学

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.