バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

ネイションズリーグ2018 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2018】6/1 VNL 日本vsUSAのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合は寝落ちしてしまい、実況もその日のうちに途切れ途切れになっていますが、ツイートをコレクションでまとめましたので、見やすくなっているかと思います。

試合結果

日本 2-3 USA

実況

試合のポイント:リベロが替わり、ディフェンスがスムーズになった龍神ニッポン!選手交替が後手に回った…

USAは強いチームです。

ところが、この試合は序盤2セットはどうも振るいませんでしたね…。

いつものUSAじゃない…そんな感じでした。

しかし、そこから立て直して逆転勝利…しかもフルメンバーではなく、若手を起用しながらの勝利でした。

USAにとってはかなり有意義な試合となったことでしょう。

最後まで若手MBのジェントリク選手をずっと起用していたところがポイントでしょうか。

いつもならホルト選手といううまいMBの選手を起用するところですが、ベンチが辛抱したような。

ジェントリク選手はUSAコートにダイレクトに返ってきたボールを、藤井選手がセットアップする振りをしたのを見て騙されてしまったり…経験がまだ足りない選手という印象でした。

あとセッターのクリステンソン選手が大荒れだったのを、ショージ選手が入って立て直したのも大きいですね。

USAは完全に「誰が出ても」勝てたわけです。

リベロは古賀太一郎選手起用!かなりうまさを見せてくれていた

この試合でまず語りたいのはここでしょうか。

やはり太一郎選手はうまいですね…なぜここまで起用が少なかったのか、不思議でなりません。

  • スパイカーの助走の邪魔にならない
  • そこにいる
  • ブロックの隙間を見ながらカバーに入る
  • 足がよく動いている
  • ディフェンス面の指示や声かけでチームの中心にいる
  • とにかくボールに積極的に触りに行く

何だかこのような簡単な言葉でしか表現できないのが歯痒いくらいなのですが、本っっ当に良かったんですよ。

太一郎選手1人に焦点を当てるのではなくて、周りの選手がスムーズに動けているかを観るとわかりやすいかと思います。

OHの選手が周りを気にせずbickにスムーズに入ることができるというのはとてもいいことです。

ボールに触りに行く数が多いというのもポイントですね。

数字なんてどうでもいいんですよ。それよりもどれだけ周りの選手達よりもボールを拾いに行くか、他の選手がやりやすい環境を作るかがリベロの仕事だと思いますから。

ハイセットをどこに上げるか見えてなかった選手にも、リベロが「〇〇!」と指示を出せば迷わなくなります。そういったやりやすさですね…。

こういうリベロが日本に増えてほしいなぁと思います。

ボールに食らい付く姿が印象的でした。

徐々に復調したUSAに対し、メンバーチェンジが後手に回ってしまった。調子が落ちたのがわかってから交替では遅い

4セット目に、途中2枚替えもタイミングが悪かったと思います。

2点差くらいで休ませて次のセットへなんて諦め早すぎるし、それよりだったらタイムアウトを取ってサーブの狙いどころとブレイクのチャンスをを作る指示をしっかり出すべきでは…と。

2枚替えは全体的に「そこ?」と思ってしまうところでしたけどもね。

セットポイントとかで交替だったので、意地でもそれやる必要があるのでしょうか…と思いました。

福澤選手から浅野選手へ交替の場面…浅野選手は困った時のための選手なのはわからなくはないですが、交替のタイミングが明らかに遅いので、浅野選手が立て直していられるはずがないですよね…。

本来なら福澤選手のキャリア的に浅野選手と逆でいいのではないかと思うのですが…浅野選手が先に出て、困った時にベテラン・福澤選手という形で。

ずっと出場していてただでさえサーブやブロックをノールックで打ち付けるスパイクで印象が良くないのに、福澤選手の調子が落ちたら年下の浅野選手が出てくる…という構図はいかがかと。

USAを目覚めさせてしまったのはレセプションも原因

もちろんUSAが転ばせたいという意図でサーブを打ってきています。

そこで、転ばないようにしたり転んでもきちんと助走に走れることができれば…と。

この試合、後半になるにつれて、こういうのが多かったと思います。

太一郎選手がいてこれですから…そういうのはもっと減らしていきたいですね。

 

ともあれ、OP西田選手は相変わらず成長中です。

ブロックもUSAの高いクイックが効果的に決まり始めると釣られてしまっていましたが、それまでは安定していました。

おかげで2セット先取にもつながったかと思います。

いい試合はできていますので、これは少し勝ちたかった試合でもありました。

ベンチワークも大事ですね…。

USAは選手の調子を観ながら早めに交替させて試合を立て直していたので、見習ってほしいですね。

OPアンダーソン選手が振るわなかったですが、パッチ選手が2セット目には出てきましたしね。こういう状況判断は早めに行ってほしいものです。

変わっていくといいのですが…。

-ネイションズリーグ2018, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.